ゲラニウム ピレネカム

前記事のサンギネウム同様、ピレネカムも花期がほぼ終わってしまいました。

gera-py-20170426-blue.jpg
<撮影 2017.4.26>

我が家で咲いてくれるゲラニウムのうち、
このピレネカムだけは苗をお迎え(購入・いただきもの)したことがありません。

2010年秋に購入した
ブルーホワイトフェイス(Geranium pyrenaicum 'Blue White Face' )の種子を
蒔いたのがはじまりで、
毎年こぼれ種子で更新しているのですよ。

gera-py-20170519.jpg
<撮影 2017.5.19>

ピレネカムはビルウォーリス(Geranium pyrenaicum 'Bill Wallis')がよく流通していますが、
ブルーホワイトフェイスは花の中央部分が白く色が抜けていて、
北海道のゲラニウム愛好家さんのオリジナル品種なのです。  

だいたい安定しているようですが、
昨年はこんな↓サンギネウム色の変わったのも咲きました。

gera-py-20160819.jpg
<撮影 2016年>

よく見ると、花弁の形も違いますよね。

今年はまた薄青紫色のノーマル花弁が復活。

4月中旬から咲き始めて、7月半ばまで頑張ってくれましたが
さすがにそろそろ花を咲かせる体力はなくなったようです。
ピレネカムは宿根草ですが、
我が家では日向では夏をこせず枯れてしまうのが通常でね。
日陰なら夏を越しますが、花が少ないし・・・どちらで育てるか悩むところです。

gera-py-20170710.jpg
<撮影 2017.7.10>

そうそう、
ブルーホワイトフェイスの種子を購入した際、
白花の種子が混入しており、それもこぼれ種子で毎年咲いています。

gera-py-20170426-w.jpg
<2017.4.26>

こちらの白花株は、今年はもう枯れちゃったみたいです。
どこかからかまた発芽してくれると良いんだけど。

gera-py-20170519-2.jpg
<撮影 2017.5.19>

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

タグ

検索フォーム

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -