シラユキゲシが意外とおとなしくしています


庭の工事にも負けずに生き残った丈夫な丈夫なシラユキゲシ。

eomecon-20160414-03.jpg

今年は汚くなる前に撮ることができました。

icon_line_tree-.gif

先日のオキナ草の場所から、少しだけ右に視線をずらしただけで、
ほら、シラユキゲシが咲いているのです。

eomecon-20160414-okina.jpg
icon_other_yajirusi.gif
eomecon-20160414.jpg

だんご3兄弟ならぬ、白花3兄弟。

icon_line_tree-.gif

昨年はすぐに痛んでしまって
あまり綺麗な写真が撮れなかったのですよね・・・

eomecon-20150417.jpg

eomecon-20150503.jpg

今年も最初の花は撮る前に痛んでしまいましたが、
その後の花はわりと長い間綺麗な状態で咲き続けてくれました。

eomecon-20160414-02.jpg

日陰でもこの白は映えて素敵です。

icon_line_tree-.gif

ケシ科は少々苦手なのですが(すぐに枯らしてしまう)、
これは丈夫で枯らそうにも枯れないので助かっています

とても綺麗な花なのですが、増えすぎるのと、
引っこ抜いたりしていると茎から赤い汁がでてきて服が汚れることなどから
我が家では要注意植物に分類しています。

とはいえ、絶滅させるのも悲しいので、鉢のまま植えて根域制限。
根域制限したのは2009年か2010年あたり。もう6年も経っています。
猛威をフルっていたわりには、
こんな6年以上もおとなしくここにとどまっているなんてオドロキです。
もしかして環境があまりあっていなくて増える余力がないとか??

何年くらいこのままでよいのでしょう・・・

過去の写真を見ると、葉の勢いがなくなってきているようにも見えるので
ひょっとしたら
そろそろ植え替えをしてみてもよいのかもしれませんね^-^

過去記事は こちら → 2010.04.07  シラユキゲシ しぶとくも開花

コメント

No title

白っていいですよね。
ばぐさんのシラユキゲシに似たようなアネモネが欲しくて、
一瞬あれ?同じもの?って思ったけど、ばぐさんのはケシ科で私が欲しいのはキンポウゲ科。惜しい!w

そしてこんなに美しい白い花にうっとりしてからふと目を下にやると、確かに茎が赤っぽい。
う~ん、なかなかの強敵ですな。(笑)

オキナグサもふわっふわで春だ~!っていうお花ですよね。♪

ところでばぐさん、後ろに写ってる茶色の大きいのは石ですか?それとも大きな木の幹?
足元にも白い石が敷いてあって、もしかしてロックガーデンとかだったら(そうでなくても^^)、うわ~、とっても素敵!!!

Napoliさま

おはようございまぁす。

> ばぐさんのシラユキゲシに似たようなアネモネが欲しくて、
> 一瞬あれ?同じもの?って思ったけど、

Napoliさんが欲しいとおもっていらっしゃるアネモネは
シルベストリスかしら?
白の花って良いですよね。心が洗われる感じがして・・・ほら、普段私の心ったら汚いから(爆笑)

確かに、花茎が赤身をおびていますね。
うっかり茎を切ると赤~い汁がでてきちゃいますからね~、白い服では
作業できませんっ
強敵強敵ww

> オキナグサもふわっふわで春だ~!っていうお花ですよね。♪
ふわふわの種もいいですよぉ~♪♪

> ところでばぐさん、後ろに写ってる茶色の大きいのは石ですか?それとも大きな木の幹?
え~っとですね、「石」です。
おそらく昔は灯篭が乗っていた、もしくは灯篭の一部だったのではないかと思います。
上部が一部ツルツルではないものの平たくなっているのです。
庭の工事のとき、廃棄してしまうのは勿体無くて残してもらいました。
わりと良い味だしていますでしょ?

> 足元にも白い石が敷いてあって、もしかしてロックガーデンとかだったら(そうでなくても^^)、うわ~、とっても素敵!!!
ありがとうございますっ♪♪

ここは、石と、モミジの木が配してあって、モミジのまわりを石敷きにしたんです。
本当は明るい色目の砕石(直径3cmくらいの)を敷きたかったのですが
お財布と相談してこれで妥協しました。
色がミックスになってしまったので、今でも見るたびに複雑な心境になりますが
まぁ仕方ないワ。。。
でも、Napoliさんに褒めていただいて、嬉しい~!

コメントの投稿

非公開コメント

タグ

検索フォーム

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -