どこから来たのか、実までなって・・・


9月のある日、庭でこんな植物が
目に付きました。

Callicarpa dichotoma-20151026_komurasaki03small

何だろう?実がなってる・・・。
こんなコンクリートの隙間に植えた記憶ないし。

Callicarpa dichotoma-20151026_komurasaki02

ムラサキシキブかコムラサキシキブだろう、と思って
調べてみると、
葉のかたちや、実と葉の付け根の距離で見分けるのだそうです。

ふむふむ・・・

Callicarpa dichotoma-20151026_komurasaki04

葉柄と実のつけねの間に、少し距離があるようです。
と、いうことはこれは「コムラサキ」ですね。

現在、樹高15cm程度。
ようやく色づいてきました。紫色のツブツブが可愛い けれど、

Callicarpa dichotoma-20151026_komurasaki01

あれ、ずいぶん数が減ったわ。
鳥に食べられているのかな??

icon_line_sikakuyellow.gif

ここで大きくなられては困るので、どこかに移植しようと思います。
もともとこぼれ種子でどこかからかやってきたのだから、
だめもとで実をどこかに蒔いておくのも面白いかもね。

【コムラサキシキブ】
クマツヅラ科ムラサキシキブ属
学名:Callicarpa dichotoma
別名:コシキブ
原産地:日本、中国、朝鮮半島、台湾
開花期:初夏
果実:秋
耐寒性落葉低木

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

タグ

検索フォーム

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -