移植正解のクレマチス ~シルホサ ’ジングルベル’~

ジングルベルが初めて我が家で咲いてくれたのは去年のこと。
その去年も、結局咲いたのはほんの1輪だけでした。

昨年の記事は こちら 

一昨年末の移植まで1輪も咲いていなかったことを考えれば
ものすごい進歩だと思ったのですが、
今年はそんなものではなかったのです。

20151012_Clematis-Jingle02.jpg
<撮影 2015.10.12>

一部分を写しただけでこの蕾の数です

いやもうこの相違たるや歴然で、
育てたい場所で育てるんではなくて
その植物にあった場所で育てることの重要性を
あらためてヒシヒシと感じますね。

20151012_Clematis-Jingle01.jpg

すでに何輪か咲き始めています。

派手さは無いですが、ジングルベルの花は
緑がかった白~クリーム色で落ち着きがあって上品な感じ。

20151012_Clematis-Jingle03.jpg

昨年のこの時期は、下のほうでニオベがたくさん咲いてくれていたのですが
今年は秋の花が咲く気配がない・・・
せっかく赤黒花と白花のコラボが楽しめると思っていたのに残念。
なかなかうまく組み合わせられないんですよね~

仕方ないので(!?)ひいて 
手前のダリアポンポンショコラの黒赤花と一緒に^-^

ポンポンショコラは、まだ咲きかけのものもありますが、
もうピークは過ぎたようです。

20151012_daria.jpg

コメント

No title

こんにちは~!

クレマチスっていろんな種類があって、あり過ぎて、
楽しめると言っていいのか、頭の中がパズルになると言っていいのか。。(笑)
そんな中、私もシルホサって好きです。
豪華なクレマチスと違って、咲く時季もだし、花の形や色も落ち着いていて素敵ですよね。
キーワードは「その植物にあった場所」ですか。
それでこんなに花付きが変わるものなんですね。びっくりです。
でも、つい育てたい場所で育てちゃうんですよね。^^;;

それから↓のポリアンサについてもわざわざ調べて下さってありがとうございました。^^
自分で調べればいいのにすぐ人に聞いてしまう私。^^;;
四季咲小輪房咲き、耐寒性OK、育てやすい上に、ノイバラとコウシンバラって聞いただけで強そうですよね。
なるほど~、私はバラを育てるならこれからはポリアンサ路線に行った方がいいのかも♪
ばぐさん、いろいろと教えて下さってありがとうございました~。^^

Napoliさま

こんにちは。

そうなんですよね。
クレマチスって花の色も形も咲く時期も葉の形もバラエティに富んで
いますよね。

> そんな中、私もシルホサって好きです。
> 豪華なクレマチスと違って、咲く時季もだし、花の形や色も落ち着いていて素敵ですよね。
ふふふ。
Napoliさんのバルコニーのダブルレッドやロマティカも素敵ですけど、
山のお庭にシルホサいかがですか?
合うとおもうなぁ~♪
あ、でも耐寒性が微妙?
おぎはらさんのサイトだと-8℃と書いてありました。

> それでこんなに花付きが変わるものなんですね。びっくりです。
> でも、つい育てたい場所で育てちゃうんですよね。^^;;
たしかに、雪国で冬に蘭の花をみたかったら外じゃなくて温室ですもんね。
砂漠でバラは咲かないし、
池の中でサボテンは育たないし。
やっぱり環境は大事です。

> 自分で調べればいいのにすぐ人に聞いてしまう私。^^;;
いえいえ。大丈夫です。わたし自身の勉強にもなりますので~^-^

> なるほど~、私はバラを育てるならこれからはポリアンサ路線に行った方がいいのかも♪
え~、もしかして最近バラ熱が下がり気味ですか?笑
でも、熱があってもなくても、ポリアンサ系はオススメです。
お花は小さいですけどね。
かえって自然な風景をつくるのであれば、POLくらいコジンマリ
しているのがいいかもしれません。
花色も白、赤、ピンク、オレンジがあるみたいですし♪

> ばぐさん、いろいろと教えて下さってありがとうございました~
とんでもな~い。
私でよければいつでもどうぞですっ

コメントの投稿

非公開コメント

タグ

検索フォーム

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30