10月の薔薇たち

10月になったばかりの頃はまだ真夏日になったりして
暑かったというのに、今朝はまぁ寒かったこと。

今日は事情があって4時起床でした。
もちろん、外は真っ暗だし、なんだか寒いし{{ (>_<) }}

あぁ、これからどんどん寒くなっていくのですよねぇ。。。憂鬱だわ。


さてさて。
真夏のあいだもポツポツ咲いてくれてはいましたが、
秋になってようやくのびのびと咲くようになりました我が家の薔薇さまたちを
今日は載せたいと思います。
(組写真以外は、いずれも10月撮影の写真です。)

まずはハークネスさんから ‘シンプリーサリー’。

  満開のころ記事に使用しようと思いつつ、し損ねたままでした^^;

5月下旬にはこんなに↓咲いてくれていましたっけ。

  今までにわかったことは、
●花もちはまぁまぁ、●汚くなることなくハラハラと散る、
●チラホラながら真夏もずっと咲いている、
●散った後ほうっておくと勝手に実がなる、●病気にならい、の5点。

前評判とおり、手のかからない優秀なバラです。
(  過去記事 開花一番ノリの薔薇は新顔~シンプリーサリー~ )

次は返り咲きのコーネリア。

  昨年はわりと夏場にも咲いていたのですが、
今年はまったく咲く気配を見せませんでした。

思い切って根を切って移植したというのに春にどっさり花を咲かせ、
そこへあの猛暑でしたから…体力をなくしてしまったのかと心配していたのです。

涼しくなり、数は少ないもののこうしてまた咲いてくれて良かった~。


ユリイカは、

  7月の2番花はまさに花束のように咲いてくれて
見事だったのですが、秋の花は虫害で不作となっています。

チュウレンジハバチ、バラゾウムシ、コガネムシ(orヨトウムシ)が
すっかりユリイカを気に入ってしまったみたいでね...(T-T)
来年はもっと対策を考えよう、と固く心に誓う私です。


あとはミニ系4品種。

rose_misaki1.gif

  ↑ ‘みさき’
夏の間もずっと咲いていました。
色はやはり真冬(昨冬の購入時)に比べるとかなり白っぽく、
薄ピンク色の綺麗なチビチビ花。

地植えにしていますが、
チュウレンジハバチが来る以外、特に虫害も病気になることも無く、
とても今のところ優秀なミニバラです。 


‘ピーチプリンセス’

  悲しいことに、今はとてもショボイです。

でも
↓5月後半↓には、数は少ないながらそれなりに咲いていたのですよ。

  植えた場所の隣にスイスチャードがありまして、
そのスイスチャードが馬鹿デカクなってしまったものですから、
ずっと日陰に居たんです。
ショボ子になってしまったのはそのせいかと!?

近々何種類か移植しようと思っているので、
ピープリも、場所を変えてあげようと思います。


ポリアンサローズ ‘シュネープリンセス’

  ↑残念ながら今はあまり咲いていません>_<

 春にはこんなに↑咲いてくれていたのですけれどね~。

数ヵ所位うわっているのですが、やはり日当たりの良い場所のほうが
調子は良いようです。

同じくポリアンサローズ  ‘レオニーラメッシュ’

  このバラは、我が家のミニバラのなかでは最も華やかです。
今年は夏のあいだはあまり調子がよくなさそうでしたが、
秋になったらこの通~り。
発色の良さ、花もちの良さ、可愛らしさ。。。どれをとっても合格点です。

さらに今年は今のところ虫害もほとんどなく、いい感じ。


今年咲いてくれたバラは以上7品種でした。
来年はあと2品種、咲いてくれたらいいなぁ、と思っています。


icon_line_leaves2.gif

ダラダラと長い記事になってしまいました。

書いている私が疲れちゃったくらいですから、
読んでくださった方は さぞかしお疲れでしょう??

最後までおつきあいくださり、ありがとうございました。

タグ

検索フォーム

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -