エリカ ホワイトデライト

宿根草・多年草へ  にほんブログ村   

花が少なくて寂しい冬は、
ついつい暖かい色のお花をお迎えしたくなります。



この前の冬は、ミニバラのみさきだけでなく
この エリカ ‘ホワイトデライト’もお迎えしておりました。

 【エリカ コロランス ‘ホワイトデライト’】
   ツツジ科エリカ属
   学名: Erica colorans cv 'White Delight'
   花期:4〜12月(真夏を除く)、
      (10~5月、とするサイトもあり)
   樹高:40cm~100cm
   原産:南アフリカ
   半耐寒性常緑低木


白からピンクへのグラデーションが可愛らしいこの花、
実は咲き始めの頃は白いのですよ。


そして、すぐ、先端部内側だけほのかに紫色になります。

透明感のある白い筒+内側だけ紫色なので、
なんだか、何かの卵を見ているような気分でした。
孵化寸前の魚の卵を連想していた私です。みなさんは何が思い浮かびました?


そしてこれはもっとも咲き進んだ頃。
ここまでピンク色に染まりました。先端が黄色くなるのですね。

色の変化が面白いな~。

エリカというと夏(高温多湿)に弱そうなイメージですよね。
みーさんが以前、ばっさりと剪定していらっしゃったのを思い出して、
私も、咲き終わった頃ばっさりと樹高半分くらいに切り戻しておきました。

そうしたら、3月下旬になって、また蕾が出てきてくれました!

冬は、蕾が小さい頃は真っ白だったと思うのですが、
今度は赤い蕾がでてきたのでびっくり。

咲き始めたら白かったので、赤かったのは花弁ではなく萼でしょうか?
ちょっと不思議です。


6月終わり頃↑から本格的にまた咲き始め、
7月頭↓には白い花がいっぱい!

現在は(写真がなくて恐縮ですが)、2月の初旬のような色に変化しています。

これからの暑さ厳しい2ヶ月ほどは、フウセンカズラ(グリーンカーテン)の
半日陰で涼しく過ごしてもらう予定。
一緒に寄植えしているヒューケラのジョージアピーチも
遮光があったほうがいいですしね。

なんとか我が家ではじめての夏を越せますように。

タグ

検索フォーム

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -