今朝のお客さまはツマグロヒョウモン

宿根草・多年草へ  にほんブログ村   

昨日は、九州北部では50年に一度の大雨と言われるほどの大雨が降りましたね。
道路を茶色く濁った濁流がものすごい勢いで流れていくさまには
テレビ画面を通じても恐怖を感じるほどでした。

今日もまだ激しい雨が続いているようで心配です。
避難を余儀なくされている方、被害に遭われた地域の方々
心からお見舞い申し上げます。



さて、こちらでも昨日から今朝にかけて強風でしたので、
朝、庭を軽く見回っていた時のこと。

ヒラヒラヒラ~っと目の前をオレンジ色の物体が横切りました。

みてみると、チョウチョさん。

慌ててカメラを構えます。


写真を撮っているときには名前がわかりませんでしたが、
部屋に戻って調べたところ、「ツマグロヒョウモン」のメスでした。


 【ツマグロヒョウモン】

 褄黒豹紋
 学名: Argyreus hyperbius
 英名:Indian Fritillary

 生息地:アフリカ北東部、
      東南アジア、日本、
      オーストラリアなど   

ツマグロヒョウモンは、比較的暖かい地域を好む蝶で、
日本だと本州では1980年代まで近畿地方以西でしか見られなかったそうです。

ただ、近年の温暖化の影響か、2006年頃からは、
北関東でもほぼ普通(定着)種になってきたようですし、
最近では、富山県や新潟県平野部でも観察されるようになっているとか。

たしかに子供のころには見かけた記憶がありません。
まだその頃は、関東には居なかったのでしょうね。

幼虫のエサになるのはスミレ類。
そういえばこの春、
雑草化しているスミレ付近で名前のわからないイモムシを見かけましたっけ。

ドクドクしい派手な体だったので、捕殺するか悩んだのですが、
たしか捕殺しないでそのままにしていたような…

今日知ったばかりですが、トゲで人を刺すこともないし、毒も無いのですよ^-^

これは捕殺対象リストから除外しておいてあげないとね!


今朝、ツマグロヒョウモンの他に 遊びにきてくれたお客様は、クマバチさん。

「クマンバチ」じゃないですよ。
(クマンバチはスズメバチのこと)
ギボウシの花のまわりをブンブンブンと飛び回っていました。

この羽音、かなり大きくておどろきますよね。
体も大きいので、たくさん飛んでいるとちょっと怖い。
でも、本当はおとなしい蜂なのですよね。

昨年は、毎朝サルスベリの花に何匹も来ていました。
今年も、きっともうすぐクマバチ大群が朝の食事にやってくることでしょう。

サルスベリも咲いてきたころだし、梅雨明けも近いのかな。

4本日UPの写真は、ツマグロヒョウモンの幼虫が2012年4月、あとはすべて本日の撮影です。

タグ

検索フォーム

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -