今年も咲いた咲いたクレマチス 2012

宿根草・多年草へ

もう咲き終わってしまったもの、ようやく咲き始めたものいろいろで、
なかなかタイムリーにUPできないのですがが、
我が家でこの春咲いてくれたクレマチスを
ザっと記事icon_others_memo-and-pen.gifにしておきたいと思います。

写真が多く長い記事で恐縮ですが、おつきあいくださいませ。

icon_line_tree_.gif

まずはもう咲き終わってしまったアトラゲネから。



今年購入したばかりのアトラゲネ「アルピナ」。
アルピナには数種類あるそうですが、ラベルにはそれ以上の記載はなく
詳細は不明です。
どなたか、おわかりになったら教えてください。

まだとても小さい苗で↓開花はたったの2つでした。



夏の暑さを耐えられるか心配で、
ほとんど日の当たらないところに植えてしまいましたが、
来年はもう少したくさん咲いてくれたら嬉しいなぁ。

今春、初開花だったものは、あとは白万重とフェアリーブルー。

まずは白万重から。

白万重は、ようやく咲き始めたところです。
今のところ想像していたよりもお花が小さいです^^;
ちょっと拍子抜け。

でも、緑がかった白一色で、とても綺麗。
花もちも評判どおり良いようです。

我が家のクレマチスの中で唯一和風コーナーに植えてある白万重。
渋くていいわ♪


H.F.ヤングの枝がわり品種のフェアリーブルーは、
シベが針状になっていて、うちのクレマチスの中で、きっと一番豪華です。



綺麗でしょう?
植えたばかりの今春は、残念ながら花は1つしか見ることが出来ませんでした>_<。

別名「クリスタルファウンテン」。
クレマチスは、もともとシベが開いてからの花の方が好きなのですが、
フェアリーブルーは、咲き始めのときからシベがツンツン!
これがまた、大きな魅力のひとつだと思うのです。

咲き始めの様子の違いを実感してね。↓左がフェアリーブルー(右はアラベラ)。


icon_line_tree_.gif

昨春は雨が降るたびにドロ跳ねするし、
チンクシャ状態でごちゃごちゃ咲いてしまい、あまり綺麗に見えなかった花島は、
今年はとても美しく咲いてくれました。



株もとに敷き詰めた腐葉土のおかげか土ハネも無く、
1年間の地植えを経て、ようやく本来の姿で咲き始めてくれたようです。

インテグリフォリアの中でも背がのびないようで、
背丈はせいぜい30~40cm。
コンパクトに姿良くおさまってくれています。
現在 一通り花が終わってきり戻ししたところ。


同じくインテグリフォリのアラベラは、
昨年「植えて正解」と思ったクレマチス。



今年はお花が沢山咲いています!

昨年、けっこう茎が暴れましたので、今年は支柱を立てました。

あまりアイアン物は立てたくなかったので、
雌竹を組み合わせて茶色のペンキで塗って...。

わりと自然な感じに出来あがってくれたかな、と自己満足中



アップではお見せできませんけれどね

おつぎ、つぼ型クレマチスの代表品種、ロウグチです。


昨年は不調でしたが、今年は環境になれてくれたようで、
すでに高さ120cm超。
花も昨年とは段違いに咲いてくれそうです♪

ロウグチは、ニオベの隣に植えてあります。
こちらの雌竹はペンキで塗っていないので、ちょっとかっこ悪いかな。



icon_line_tree_.gif

最後にご紹介する「ニオベ」は一番の古株さん。

ニオベで一番好きなのは、この頃↓。



濃紫のベルベットのような花弁を背景に
クリーム色のシベが蜘蛛の足の様に広がるさまがいいでしょ。



昨年は、
「蕾の外側と内側のギャップが見どころか!?」とも思いましたが、
やはりこっちがいいかも^^;

昨年はうまくコラボしなかったゲラニウム ビオコボとも
ばっちりコラボ成功!

ニオベちゃん、大活躍でした。

春に咲いてくれたのは、以上の7品種。
あとは冬咲き種も植えましたので、いまにご紹介できたら嬉しいです。

タグ

検索フォーム

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30