マムシグサが咲きましたよ^-^

宿根草・多年草へ  にほんブログ村   

GW真っ只中。みなさまいかがお過ごしでしょうか。

奄美地方は梅雨いりしましたし、西日本も今日は荒れ模様のようですね。
こちらも本日はお日様が出ていませんが、なんとか雨は降らずに済みそうです。

さて、先日「芽がでた」とお知らせしたマムシグサが、
4月28日に開花してくれました

かっこいい~

 


 【マムシグサ】

   サトイモ科テンナンショウ属
   学名: Arisaema serratum
   英名:Jack in the pulpit
   花期:4月
   原産地:関東以西の本州、九州
   耐寒性宿根草

マムシグサの名前の由来は、
葉柄下部分のまだらな模様がマムシに似ているからだそうですね。

「マムシ君が咲いたから見てみて!」と
家族に見てもらったのですが、

「マムシっていうよりコブラみたいだね」、だって^^;

結果、我が家では、この植物は「コブラ君」と命名されました

毒ヘビにたとえるのは気の毒な気もしますが、
マムシグサも有毒植物だそうですから、まぁどっこいかな。

昨年 (↑) いただいた時は2本芽がでていたのですが、
今年の発芽は1本だけ。

でも、こうして咲いてくれたのですから大感激です

雌雄異株だそうですけれど、我が家のはどっちでしょう。
お花が終わる頃になったらわかるかな。

横顔も後姿もテカテカしていてかっこいいですね。

釣竿をたらしたウラシマソウや、
白くて美味しそうなユキモチソウもお仲間ですね。
場所が無いから難しいですが、いつか育ててみたいなぁ。


宿根草・多年草へ  にほんブログ村 

さてさて、お勉強タ~イム



があるのは、球根や葉の部分で、
シュウ酸カルシウムの針状結晶が含まれています。

シュウ酸カルシウム(CaC2O4)は、日本では「毒物及び劇物取締法」によって
劇物に指定されている成分ですよ。
誤って食べたりすると口中~喉まで激痛がはしるんだって
くわばらくわばら

ちなみに、シュウ酸(蓚酸、英: oxalic acid)は というと、
植物に多く含まれる成分で、
漢字の「蓚」はタデ科の多年草の「スイバ(ギシギシ)」のこと。

シュウ酸水素ナトリウムは、タデ科、カタバミ科、
アカザ科(ホウレンソウなど)の植物に含まれ、
シュウ酸カルシウムは、サトイモ科(マムシグサはここに該当)などに含まれるそうです。

山芋(とろろ)で皮膚が痒くなるのは、
皮の付近に含まれるシュウ酸カルシウムの針状結晶が
肌に刺ささることによって刺激となるから。

わ~、またひとつ勉強になっちゃいましたね

ブログさん、ありがとう。

タグ

検索フォーム

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30