我が家のチェリーセージ

  宿根草・多年草へ  にほんブログ村  




サルビアって、昔は花を摘んで蜜を吸って遊んだりする
あの赤い花の一年草しか知りませんでした。

このサルビアは、スプレンデンスという種類で、
本当は多年草なのだそうです
耐寒性がないので一年草扱いになっているだけなのだと
つい数年前に知りました。

皆さんは知っていらっしゃいましたか?

最近はすっかりお店に並ぶサルビアも種類が増え、
背丈も葉色もいろいろ、花期もいろいろ、花姿もいろいろ・・・私はウロウロ^^;
育てたいものが沢山あって、悩んでしまうほどです。

アズレアやレウカンサのような一季咲き(秋)もあれば、
春~晩秋まで咲いてくれるチェリーセージも。
今日は、我が家で現在咲いているチェリーセージ3品種をUP。

icon_line_sikaku.gif

ラベル紛失してしまいましたが、
確かH&Lさんのヤメンシス サーモンオレンジ。





花そのものは ほぼベタ1色ですが、花によって濃淡あり。
背丈は約40cm。
葉っぱは、凹凸があまりなくすらっとして少し光沢があります。



icon_line_sikaku.gif

同じくH&Lさんのヤメンシス ピンク色品種。



同じく’ヤメンシス’とラベルに書いてあったのですが、
サーモンオレンジとは葉がまったく違います。



少し丸みがあって葉脈模様の凹凸があります。

おかげで挿し木中や花が咲いていなかった時期でも
どちらがどちらか いつもすぐに見分けることができて助かりました。
(今は植えてある場所が異なるのでもう悩みません

icon_line_sikaku.gif

3つ目は、山本花園さんの‘ストロベリー&クリーム’



背丈60cmくらいまで大きくなります。
我が家の場合は強風で倒れてしまい、そこから起き上がってきているので
実際には40cm程度^^;



春はアカンサスの大きな葉の間でちょこんと咲いていただけでしたが、



真夏、アカンサスが葉焼けして縮こまっている間を見逃さず
開いたスペースにのびのびのさばって広がってしまいました

下の写真は、同じようですが、‘サーモンイエロー’という品種です。



以前育てていましたが、鉢をひっくり返してしまいバッキリ折れ、
復活してくれませんでした(T_T)
替わりに購入したのがストロベリー&クリーム。

ラベルの花を写真を見て同じものかと思って買ったのですが、
どうやらストロベリー&クリームのほうが背丈が高くなる品種のようです。
色はサーモンイエローのほうが黄色味が少し強いかな。

icon_line_sikaku.gif

どの色の花の品種も、時々休みますが、春から今までずっと咲いてくれていて
植え込みエリアの良いアクセントになってくれています♪

チェリーセージというと
赤と白のバイカラー ‘ホットリップス’(別名イチゴミルク)が有名ですが、
今は、ピンク、オレンジ、クリーム、白、赤、
 紫と白の縦ストライプ(ピナフォア パープルストリーム)
ピンクの濃淡バイカラー、クリーム色とオレンジ色のバイカラーなどなど
いろんな種類があります。

そして、以前趣味の園芸の記事で読んでへぇ~っと思ったのですが
ミクロフィラ、グレッギー、そして両者の交配種のヤメンシス 
これらの総称がチェリーセージなんだそうですね。
たかがサルビア、されどサルビア。まだまだ知らないことがありそうです。

まったくといっていいくらい病害虫被害がないし、
植えたい場所にあわせて色が選べるので、
チェリーセージってどのお庭にもあうのではないかな。

tg戸笠さんのチェリーセージ記事はこちら
みーさんのチェリーセージ記事はこちら

ダラダラと長い記事に最後までおつきあいくださり、ありがとうございました。

タグ

検索フォーム

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -