原種シクラメン コウムの小さな花

 にほんブログ村

今日は、大寒のはずなのに、
とっても暖かかったです。
昼間、コートを着て外出しましたが、
ポカポカですぐに脱いでしまいました。


ベランダも暖かく、原種シクラメンのコウムが、
小さくて白い可愛らしい花を咲かせてくれています。


 【原種シクラメン コウム(コーム)】
 Cyclamen coum
 サクラソウ科シクラメン属
 開花期:1~3月
 耐寒性:強、耐暑性:中
 夏場は葉がなく、秋から展開


コウムは、ヘデリフォリウムと並び、地植えができて育てやすい品種のひとつです。
園芸種のような華やかさはありませんが(花も1.5cmで小さいし)、
外で栽培できるのが嬉しいし、とってもキュートなのです。

これから、タネがなったら、クルクルっと巻いて来てくれる筈。
原種シクラメンはほとんどがクルクルっと巻くのです。
これがサイクル→cyclamenの名前の由来です。
(園芸種のタネが巻かないのは、もととなった原種シクラメン「ペルシカム」が
巻かない種類だったから)

クルクルしているの、見るのが楽しみです。

原種シクラメンは、みーさんがヘデリフォリウム(記事はこちら)、
sissiさんがコウム(記事はこちら)を持っていらして、大先輩です。

園芸種よりも花は小さいけれど、葉の模様がいろいろあって、
花が咲いていない時期も楽しめそうで・・・GOODです。

いつかヘデリフォリウムも欲しいなぁ。
近所のお店では、つい最近「コウム」が大量入荷したみたいで
沢山並んでいます。しかも私が買ったのより安いの・・・(T_T) 
(でもまぁ、赤紫花ばかりだったので、損はしていない気分♪)

タグ

検索フォーム

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30