記事一覧

クリスマスローズ リビダス

先日、ストエカスラベンダーと一緒に買ったものは、
クリスマスローズ。

自分の実家にもオットの実家にもありませんでしたから、
私にとっては、育てるのはまったくの初めてです。

店頭には、大きくわけて4種類の葉がありまして、
左が、よくあるクリスマスローズの葉。惹かれたのは他の3種。



↑右はフェチダス
細葉がすっきりとしていて素敵でしたが、草丈90cmなので却下



↑右のシルバーがかった葉アグチフォリウス
これまた大型~120cmというので却下です。
薄緑色の花には未練があるのですが・・・。



結局、葉脈くっきり君のリビダスを購入したのでした。(左↓は ラベンダー)


       【クリスマスローズ リビダス】
         Helleborus lividus
         キンポウゲ科 ヘレボラス属
         耐寒性多年草
         (他のクリスマスローズより若干耐寒性弱)
         原種系 有茎種
         原産地 :マジョルカ島
         草丈 :40cm

リビダスは、スペインのマジョルカ島海抜200~300mなど
地中海沿岸の一部のごく限られたところに自生しているそうです。
梅のような小豆色&薄緑色のコンパクトな花がかわいらしいなぁ

ただ、他のクリスマスローズよりも寒さに弱いのはというのは困ったかも
夏の蒸し暑さも嫌いらしいし、大丈夫かなぁ。
一応、庭のどこに植えるかは決めてあるのですけどね。
落葉樹の下で、冬場は比較的陽の当たるところです。

1年間、鉢で養生してから植えてあげるつもりです。
サイトによると、鉢植えの方が水はけよく管理できるからオススメ、と書いてあったりして
地植えにあたっては、少し工夫をしたほうが良いのかもしれませんね。
どなたか、リビダスを地植えしていらっしゃったら、アドバイスくださいませ。

最近になって、開花株が出回り始めた頃から、
わがや御用達ホームセンターのケイヨーD2では、すでにクリスマスローズ苗は
半額に値下げになっています。
これは、買う時期を早まったか!?と思ってチェックしてみましたら、
あらあら、原種系はみんな値下げになっていないわ~。よかった

タグ

検索フォーム