どんどんゲラニウムの芽がでてきました

庭も春に向けて爆発的に変化し始めているというのに、
少々バタバタした日々を送っていて
久しぶりの更新になりました。

季節遅れにならないように、
少しずつでも春の様子をアップしていきたいと思います。

icon_line_tree_.gif

↓ゲラニウム プシロステモンが葉を広げて来ました。

20160323_gera-psilostemon.jpg
<2016.03.23 Geranium psilostemon>

2013年に種を蒔いたものです。
毎年、少しずつ少しずつ大きくなってくれているようですが
まだ咲いたことがありません。
開花まで何年かかるのでしょう。

↓同じく2013年に種子を蒔いたもので、
プシロステモンかオクソニアヌム クラリッジドリュースか
わからなくなってしまったもの。

20160323_gera-p-or-c.jpg
<2016.03.23 Geranium oxonianum Clarige Druce or psilostemon>

ほぼセダムに占領されていますが、
中央に芽が出てきているの ご覧いただけますでしょうか。

↓地植えにしているプラテンセ、これも実生。

20160323_gera-pratense.jpg
<2016.03.23 Geranium oxonianum pratense>

昨年花を咲かせたので、今年は芽を出さないかと思っていましたが
よかった♪葉が出てきました。
このあたり、すっかり覆輪の丸葉万年草に覆われています。
セダムの繁殖力はすごいですね。

 過去記事 2015.09.18 ゲラニウム プラテンセ 咲くと夏を越せません

↓先日もアップしたマクロスティルム。

20160323_gera-m.jpg
<2016.03.23 Geranium macrostylum>

3/9には葉芽が11本!!と驚いていましたが
さっき見たらなんと20本になっていました。
どうしちゃったの~??

 過去記事 2016.03.09 ゲラニウム マクロスティルム 今年は期待できる?

(2016.3.26 ジョンソンズブルーもどき↓を追加)
20160325_gera-not-JB.jpg
<撮影 2016.3.25>

ジョンソンズブルーとして売られていた株ですが、
Geranium.comのikuさんにも見ていただきましたが花が少し違うよね、ということになりました。
ジョンソンズブルー同様にロゼット状の株で、初夏をメインにやや長めの開花期。
オリオンにも似ていますが、結局なんだかはよくわからないままです。
とりあえずは推定オリオンってことで^^;

(オリオンGeranium 'Orion'は、ブルックサイドGeranium Brooksideを親とする品種で、
ブルックサイドはG.pratense X G.Clarkeiの交配によって作出された品種。)


icon_line_tree_.gif

その他、常緑のゲラニウムとして
サンギネウム数種とカンタブリギエンセ ビオコボがありますが
サンギネウムは冬の間もちらほら花を咲かせてびっくりぽんでした。

20160322_gera-sang.jpg
<2016.03.22 Geranium sanguineum >

さすがに3月下旬になって蕾の数がぐんと増えてきたね。

   

テーマ : ガーデニング ジャンル : 趣味・実用

関連記事

沈丁花とミツマタが満開 ~3.11~


paperbush20160309-01.jpg

外側の花が白くなってきました。
(ミツマタの花は、咲き始めは黄色ですが経時で白くなっていきます)

ほぼすべての蕾が開き、かつ、まだ散り始めていない
今がまさに「満開」のタイミングです。

paperbush20160309-02.jpg

今年は沢山咲いたので何本か枝を切りました。
ご近所に春のおすそ分けでお配りし、
我が家でもしばらく玄関に飾っていたのですがこれは失敗。

香りが強烈すぎましたicon_face_hiyaase.gif
ミツマタの花は、狭い閉鎖空間で飾ってはいけませんっicon_face_gaan.gif

みなさま、ミツマタは広い空間で楽しみましょう^-^;

icon_line_tree_.gif

もうひとつ早春に欠かせない香りの花木は沈丁花。

daphne20160309-02.jpg

こちらのほうがずっとポピュラーですね。
小さくまとまり、常緑で、
香りもミツマタより沈丁花のほうが良いしね。

daphne20160309-01.jpg

この香りは本当に大好きicon_heart_02.gif
幸せな気分になります。

白花種も赤花種も今年はもう満開。

daphne20160309-03.jpg

去年よりさらに一回り大きく成長し、たくさん咲いてくれました。

daphne20160309-04.jpg

後ろにある沢山の白い点々はユキヤナギ。

昨年の写真(↓2015.3.22撮影)で恐縮ですが、
お日様があたるとこんなコラボになります。

daphne20150322.jpg

白く輝いてまぶしいですね。

■■ 続きを読む ■■



   

テーマ : ガーデニング ジャンル : 趣味・実用

関連記事

tag : ミツマタ 沈丁花

ゲラニウム マクロスティルム 今年は期待できる?



2010年に球根をお迎えし、
2011年に開花して以来ずっと咲かないゲラニウムがあります。


<撮影 2011.5.16>

球根タイプのゲラニウム、
マクロスティルム Geranium macrostylum
(開花時の記事は こちら 

20110517_gera-ma.jpg

春の初めに葉を展開し、
5月になると蕾がニョキニョキでてきて開花。
梅雨の前には姿を消してしまいます。

2011年に咲いた後、
毎年ちゃんと葉はでてくるのですが、結局咲くことなく
梅雨を待たずに消えてしまうというサイクルが続いています。

花を咲かせるコツは何なのかなぁ。

icon_line_tree_.gif

20140329_gera-mac.jpg

↑↓昨年、一昨年の3月末の状態。

20150329_gera-mac.jpg

2010年に植えたままだったので、
心機一転、新たな気持ちで育ってくれたらいいなぁと
昨年は思い立って掘りおこし&埋めなおしてみました。

それが功を奏したのか、それとも今年は暖かかったからか・・・
なんと、

20160309_gera-mac.jpg

今年は、↑今日の段階でこんなに葉がでているのです。
数えてみたら11本

これまでと勢いがまるで違います!

これは・・・なんだか期待できちゃうかも?

   

テーマ : ガーデニング ジャンル : 趣味・実用

関連記事

スノードロップ 来年はもっと増えて欲しいな

3月になり、さすがにスノードロップもそろそろ後半戦。
今日は、2月半ばのちょうど綺麗だった頃の写真をUPしておきますね。
(撮影は2/12です)

icon_line_leaf02.gif

毎年、分球したり買い足したりで少しずつ増加中のスノードロップ。

20160212_snowdrop03.jpg

何箇所かに分けて植えてあります。

20160212_snowdrop01.jpg

晩冬の色の無い庭に春の訪れを知らせてくれる
貴重な可愛らしい花ですよね。

20160212_snowdrop02.jpg

↓ギュギュっと固まって生えているところが出てきました。

20160212_snowdrop04.jpg

そろそろまた掘り起こして植え場所を広げよう。

icon_line_leaf02.gif

こんなふうに広いところで沢山咲かせてあげられたら良いのですが、
一般人の庭では無理~

snowdrop-eastonwalledgardens.jpg
<イギリスEaston Walled Gardensの風景 (写真はこちらの記事より)>

   

テーマ : ガーデニング ジャンル : 趣味・実用

関連記事
プロフィール

ばぐ

Author:ばぐ
 
ユーフォルビア、ヒューケラ、原種シクラメンなど葉も楽しめる多年草を中心に、ローメンテナンスなガーデンを目指しています。植物選択の基本は「地植え」出来ること。雑草も虫たちもできるだけ共生できたらいいなと思っています。

カテゴリ
タグ
最近の記事+コメント
検索フォーム
LINK
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

お願い
当ブログ内の写真・画像・文章につき 許可なしでの引用・複製を禁じます。 Copyright © BUG's GARDEN All Rights Reserved.
thanks for comming  2013.1~
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2016年03月 | 04月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Enjoy your life.
RSSリンクの表示