環境によって生育に違いは? ラケナリア観察


lache20151129.jpg
<撮影 2015.11.29>

今年は、数えてみたら
ラケナリア ヴィリディフローラは9箇所で咲いていました。

そんなに分けて植えてたんだ^^;

環境がそれぞれ違うので、生育状況を比べて見ましょう。
似たような写真が続きますがお付き合いくださいませ。
撮影は、11/19~/20です。

ENTRY①鉢植え 日向 最初の写真の鉢です。
lache-20151119-08.jpg

ENTRY②鉢植え 日向
lache-20151119-07.jpg

ENTRY③地植え 半日陰~日向
lache-20151120-01.jpg

ここまでのよく咲いている3つは いずれも近い場所。
午前中から昼過ぎまで日が当たります。

ENTRY④かさ上げ地植え 半日陰
lache-20151119-04.jpg

ENTRY⑤地植え 半日陰 やや乾燥気味
lache-20151119-06.jpg


ENTRY⑥地植え やや暗い半日陰
lache-20151119-05.jpg

日当たりのあまりよくない場所のものたちは
葉がひょろろっとして、これぞ徒長という感じです。


ENTRY⑦鉢のまま地植え 日向
lache-20151119-01.jpg

ENTRY⑧地植え 日向
lache-20151119-03.jpg

ENTRY⑨地植え 明るい日陰
lache-20151119-02.jpg

地植えでわりと日が当たっていた3つは
花と葉の高さバランスがいいように思います。
南中高度がどんどん下がっているので、⑨などもう最近は
終日日が当たらなくなってきていますが、
調子はよさそうです。

icon_line_lache-small.gif

以上、9箇所を比べてみると、

日当たりがよいと開花が早い
日当たりが悪いと徒長する
鉢植えより地植えのほうが葉と花のバランスがカッコイイ

って感じでしょうか??

日当たりについてはわかりましたが、
地植えと鉢植えの違いはどう判断したらよいのでしょう。
水を切らさない方がよいということかしら・・・?

まだまだ疑問は残りますね。
これからも様子を見ていこうと思います。

   

テーマ : ガーデニング ジャンル : 趣味・実用

関連記事

3回目の夏を越して開花です

初恋草(レシュノルティア)は、
日本の蒸し暑い夏が苦手なオーストラリア原産の低木です。
だからか、一年草扱いで買う人が多いとか。

とはいえ、もともと木なのに毎年枯らすなんてかわいそう・・・
BUG庭では、購入する際にはちゃんと来冬も咲かせる気マンマンでのお迎えです。
何度か失敗しちゃってますけどね。

いま我が家にあるレシュノルティアは2012年の秋にお迎えしたもので
当時、店頭では処分苗@100円でした。

reshu akiko

↑復活して咲いてくれたアキコレディーパレット(2013年)。
この後、はじめて夏超しに成功します。

2012年秋に2株購入して、
2013年 2014年と咲いてくれましたが
残念ながら この夏、黄花のイエローワンダーを枯らしてしまいました。

最近は冬に枯らしてしまう植物はまず無くて
失敗するのは夏ばかり。暑すぎるんですよね、最近の夏は・・・。

とはいえアキコレディーパレットは無事に夏を越してまた咲き始めてくれました。

reshu20151124.jpg
<撮影 2015.11.24>

まだたったの1輪ですが。

   

テーマ : ガーデニング ジャンル : 趣味・実用

関連記事

蕾が出てきました♪♪


秋にお迎えして植えた球根から、蕾がでてきました!

20151112_narcissus-decemberlemon.jpg

水仙 バルボコジュームの園芸品種 ‘ディッセンバー レモン’です。

バルボコジュームは、華やかな園芸種と違って花は小さいですが
放っておいても枯れないうえに花も可愛らしいので
BUG庭のお気に入りです。

今年は冬咲きのディッセンバーレモンと、ディッセンバーホワイトを購入。
花の少ない12月に咲いてもらおうと思いまして。
まだホワイトからは蕾が見えませんが、順調に葉が伸びています。
楽しみ楽しみ♪

nar-.jpg
↑左 ディッセンバーレモン  ↑右ディッセンバーホワイト
写真は、小森谷ナーセリーさん のものです。

   

テーマ : ガーデニング ジャンル : 趣味・実用

関連記事

ラケナリアが咲き始めました!


ずいぶん前から蕾が見えていたラケナリアのヴィリディフローラ。
いよいよ開花開始といって良い状態になってきましたよ。

lache-201511.jpg

浅瀬の岩礁の海の色から、
だんだんと白い砂浜の海岸の海の色へ。

昨年、花後にギュウギュウのまま育てましたので、
今回もまだ花は小さめかなと思っていますが
それでもまた沢山咲いてくれそうで嬉しい!

今年は
鉢植え地植えあわせ何箇所にもわけて植えているので
育ちの違いなど比べてみたいと思います。

icon_line_sikakuyellow.gif

ピコラは、まだ蕾が「見えてきたかな??」程度で
ずいぶん成長スピードが異なるようです。

   

テーマ : ガーデニング ジャンル : 趣味・実用

関連記事

ようやくコラボできました


今年は大豊作のクレマチス シルホサ ’ジングルベル’。

先日、ニオベとコラボしてくれないと嘆きましたが、
ようやくそろって咲いてくれましたicon_heart_three.gif

とはいえ、たったの一輪^-^;

clema_201511-01.jpg

それでも嬉しくて寄ってみると、
あらら・・・

clema_201511-02.jpg

穴があいておりましたicon_face_hiyaase.gif
やあね、蛞蝓の仕業かしら・・・。

コラボがはじまって5日。
ニオベの2輪目が咲きました・・・1輪目はもう終わりだけどね。

clema_20151111.jpg
<撮影 2015. 11. 11>

さて、花がたくさん咲いてくれて移植が正解だったことはわかったものの
困ったことがひとつ。
もともと ジングルベルは4~5mもツルの伸びる品種です。
環境があっていなかった頃はずっと1mにも満たないチビでしたが
ここに植えてからはスクスク伸びてすでに2m超。
さらに新しいツルも伸びています。

さぁ困った。ここ、あまり広くないのです^^;
ばっさり伐らなくちゃだわ。

   

テーマ : ガーデニング ジャンル : 趣味・実用

関連記事
プロフィール

ばぐ

Author:ばぐ
 
ユーフォルビア、ヒューケラ、原種シクラメンなど葉も楽しめる多年草を中心に、ローメンテナンスなガーデンを目指しています。植物選択の基本は「地植え」出来ること。雑草も虫たちもできるだけ共生できたらいいなと思っています。

カテゴリ
タグ
最近の記事+コメント
検索フォーム
LINK
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

お願い
当ブログ内の写真・画像・文章につき 許可なしでの引用・複製を禁じます。 Copyright © BUG's GARDEN All Rights Reserved.
thanks for comming  2013.1~
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2015年11月 | 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


Enjoy your life.
RSSリンクの表示