トマトの収穫

 

先日の記事ではまだ青かったトマト

あの後、2週間弱ですっかり赤くなり、
私達のお腹の中に無事に引越しました。

tomato201406.jpg

葉の陰に隠れがちだったので
ちゃんと赤くなるか心配でしたが、
大丈夫でした。
ひとつだけかと思っていたのに
実際には、大きな実の後ろにもうひとつ可愛いのが隠れていて
得した気分

昨日は、3つ目の収穫をしました。

こちらは、隣り合った実が痛んでいて
ナメクジがへぱりついていた、という ややおぞましい姿。

綺麗に洗ったから大丈夫だろうけれど、
家族には言わないでおこう、と思うズルっこ主婦です

   

テーマ : 野菜づくり ジャンル : 趣味・実用

関連記事

調子に乗ってチョキチョキ♪

 

クレマチスを思い切って剪定し、
植物も人間もすっきり気分のBUG GARDEN。

今日は、クレマチス以外の切り戻しをUPしておきますね。

icon_line_hasami.gif

サルビア アズレアは、毎年開花までに数回きり戻すのですが、
それでもいつも大暴れ。

昨年はちょうど開花期の10月に2回も暴風に見舞われ、
ヘロヘロになってしまいました。

azurea20131010.jpg

↑↓ヒモやワイヤでくくってあっても、その時々の風向きで倒れます(涙

azurea20131016.jpg

今年の新芽も順調にすくすくと成長し、
6月半ばには1mちかくまで伸びていました。

azurea01.jpg
<撮影 2014.613>

これをバッサリ

azurea201402.jpg

高さ30cmに満たないくらいまで切りました。
こんなに切っても、開花までに
またもう一度切ることになると思います。

icon_line_hasami.gif

サルビアつづきで、こんどはレウカンサ
アズレア同様、秋咲きの大型アバレ品種。

reukansa201406.jpg

こちらも、はるかに半分以下の高さ(約30cm)で
ガッツリ切っておきました。
こんなに切っても、開花時はかるく1mを越す予定です。

icon_line_hasami.gif

レオノティスはというと、
2月の30cmを越える積雪にも耐え、元気に越冬。
順調すぎる成長で、こちらも1m突破・・・。

leo20140601.jpg

ばっさりと40cmくらいに切り詰めてしまいました。
これで秋に開花するころは人の背くらいで
おさまるかな?

leo20140602.jpg

ここまでいずれも秋咲きのシソ科植物でしたが
次は花モノ・・・

icon_line_hasami.gif

コンパクトタイプの ガウラ フェアリーズソング です。

gaurafs201401.jpg
<撮影 2014.6.14>

いくらコンパクトタイプとはいえ、
咲き進むと かなり暴れるので切り戻しが必要です。

gaurafs201402.jpg

20cm程度を目標にバッサリ。

こんなに切ってもまたすぐに伸び始めて、
1ヶ月半~2ヵ月後には
花だらけになってまた暴れているはず。

手がかからず、病気にかからず、花がたくさん咲いて
年々大きくなる・・・
庭にはとても重宝な品種です

icon_line_hasami.gif

このほかに、ラベンダー、ネメシア、朝霧草、
山アジサイ、サルスベリ などをチョッキリ。

ついでにグランドカバーのリッピアやタイム ロンギカウリスなども
チョキチョキ。
切り始めると、楽しくなって
どんどん切ってしまう私でありました^^;

   

テーマ : ガーデニング ジャンル : 趣味・実用

関連記事

tag : サルビア レオノティス

クレマチスのうどん粉病と切り戻し ~追記あり~

 

今年はたくさん咲いてくれて見事だった我が家のニオベ。

clema201402.jpg

ただ、隣に植わっているロウグチには困ったものです。
(上写真、右上方にうつっているのがロウグチ)

何故って・・・うどん粉病が半端無いんです

花はとても綺麗なので、
ぜひ我が家でも咲かせたい!と
2011年に意気込んでお迎えしたのは良いのですが

clemarouguchi.jpg
<撮影 2012年>

実際 花はとても素敵ですが、すぐ真っ白になります(涙

そして、隣接のニオベにも伝染・・・

clemaudon01.jpg

濃赤紫の花弁にこんなに白斑が・・・

clemaudon02.jpg

これじゃぁ鑑賞もなにもあったもんじゃありません。

もともと両者とも強剪定タイプのクレマチスなので、
そこそこに花を楽しんだら、思い切って切り戻しをしなくてはいけません。

そこで、ここまで切ってみました。

clema201403.jpg

↑アングル的に、どれくらい切ったのか
少しわかりづらかったですかね。

clema01.jpg

黄色い線のあたりまでバッサリと切ってみました。
ロウグチで約半分、ニオベは3/5くらいの高さでの切り戻しです。

ニオベは下のほうでも咲いていたので、
下は下で半分くらいに切り詰めています。

クレマチスの育て方を見ると、
もっと切ったほうがよいのは知っていますが
なかなかそこまで思い切って切るには勇気がいります。

これでも昨年までに比べるとずいぶん切れたほう^^;

残った茎や葉にはイソジン系の薬剤を薄めて塗り、消毒しました。

これでまた元気に返り咲いてくれたらよいのですが、
どうなるかな。

我が家は現在 切り戻しラッシュ

他のチョキチョキ報告は、次記事にて!

6/18追記
昨日、録画してあった趣味の園芸
「即実践!切って咲かせるクレマチス」 を見て
やっぱり切ろう!と一大決意。
↓ここまでバッサリ実践することができました。


20140619163632938.jpg




   

テーマ : ガーデニング ジャンル : 趣味・実用

関連記事

シモツケマルハバチ

 

一つ前の記事のエダマメ植え付け時、
気づいたらこんなイモムシicon_others_imomushi.gifが腕に


(クリックすると別ウインドウにて元の大きさで表示されます)

こんなのが、服の上とはいえ
鼻先15cmの腕の上を這っているのですから
庭仕事なんか
ムシ嫌いだったらやっていられないですよね

この名前不明のイモムシicon_others_imomushi.gifに遭遇したあと、
ウッドデッキではこんなのも発見


(クリックすると別ウインドウにて元の大きさで表示されます)

大きさや色合いは似ているものの
全然ちがうこの2種類のイモイモちゃん・・・
蝶や蛾の幼虫画像を検索しまくったのですが
当日は結局名前がわかりませんでした。

翌日、デッキの近くのシモツケがかなり
イモムシicon_others_imomushi.gifの食害に遭っている事がわかり、
そのイモムシicon_others_imomushi.gifは2枚目の黄色いヤツということは確定

オーレアの葉を食べていたから黄色くなったのかしら?

2011simmotuke.jpg
<撮影 2011. 4>

icon_line_imomushi.gif

その後、1枚目の幼虫がハバチの一種ということがわかりました。

どれどれ~?と 検索してみると、なるほど!
シモツケマルハバチという虫の幼虫であると判明。

ん? シモツケ?

と思っていたら、なんと2枚目の黄色いヤツも、
どうやらシモツケマルハバチの終齢幼虫らしいこともわかりました。

2012simotuke.jpg
<撮影 2012. 5>

どうりで今年はあまり花が咲かないなぁと思っていたわけです。
私がボーっとしか眺めていなかった間に
ハバチっ子がムシャムシャと食べていたにちがいありません。

チュウレンジといい、シモツケマルハバチといい、
油断なりませんね

このあと、しっかり根元にオルトランをバラバラしておきました。
今からでも咲いてくれないかな~

   

テーマ : ガーデニング ジャンル : 趣味・実用

関連記事

枝豆リベンジ中!

 

先日蒔いた枝豆icon_flower_yasai_edamame_.gifが失敗してしまったので
(たぶん鳥に食べられた)
今度は本葉が出るまでは室内で栽培することにしました

でも、梅雨にはいってしまい・・・
地植えしたいのになかなか植えにいけなくて
どんどん苗がヒョロヒョロに・・・

edamame.jpg
<撮影 2014.6.7>

写真を撮った後も伸び続け、
翌日にはさらに3cmくらい伸びていたでしょうか。

こりゃ、いかんっ・・・・っと
少し雨のとぎれた昨日、いそいで地植えしました。

edamamejiue.jpg

あまりにヒョロヒョロでこの後うまく育つのか
心配なのですが、
なんとか、夏には自家収穫のエダマメが食べられますように

icon_line_sikaku.gif

ミニミニ菜園コーナーでは、
現在トマトが生長中。
今回のトマト苗は、あまり背が伸びずずんぐりむっくりです。

暴れないのは良いのですが、
茂りすぎていて、下のほうの実に日がなかなか
当たらないのではないかと これまた心配。



はやく赤くなっておくれ

   

テーマ : 野菜づくり ジャンル : 趣味・実用

関連記事
プロフィール

ばぐ

Author:ばぐ
 
ユーフォルビア、ヒューケラ、原種シクラメンなど葉も楽しめる多年草を中心に、ローメンテナンスなガーデンを目指しています。植物選択の基本は「地植え」出来ること。雑草も虫たちもできるだけ共生できたらいいなと思っています。

カテゴリ
タグ
最近の記事+コメント
検索フォーム
LINK
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

お願い
当ブログ内の写真・画像・文章につき 許可なしでの引用・複製を禁じます。 Copyright © BUG's GARDEN All Rights Reserved.
thanks for comming  2013.1~
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2014年06月 | 07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


Enjoy your life.
RSSリンクの表示