ガラスの花にまた会えたけれど・・・

別名「ガラスの花」とも呼ばれる オーニソガラム ヌタンス(ヌータンス)は、
2011年の秋icon_flower_leaf_momiji.gifに初めて球根をお迎えして以来のおつきあい。

nutans1402.jpg

この白と緑の濃淡のみで構成された地味かつ上品な花には
透明感も感じられて、独特の魅力があります。

でも、ちょっと難点があるようで・・・・

   

購入したパッケージには植えっぱなしOKとありましたので、
我が家では堀りあげたことはありません。


<撮影 2012.5.6>

 2012年の春  はとても綺麗に咲いてくれて、 
たしかに、夏の高温多湿で腐ることも冬の寒さで凍死することも無く
翌春には無事発芽icon_others_futaba.gifしてくれました。

nutans1301.jpg

やった~! またあの綺麗な花が見られるicon_face_yatta.gif
楽しみにしていたのですが
なんとなんと、
咲くどころか... 
蕾すら出ることなく4月下旬にはこんな姿になりました。

nutans1302.jpg
<撮影 2013.4.22>

復活することなく、このまま姿を消してしまいましたとさ。
(枯れてはいません)

な~ぜ~?icon_face_namida.gif

検索してみると、休眠時の気温に課題があるらしいことがわかりました。

なんと、30℃ を越してしまうと花芽が出来ないらしいのです。

 参考サイト...オーニソガラムの育て方 http://www.yasashi.info/o_00005g.htm

夏の間ガンガン日が当たる場所に植えてありましたから、
いくら地中とはいえ、
きっと30℃を越していたはず・・・

植えっぱなしでも枯れないけれど、
花を見たいなら掘りあげないとダメっicon_other_batsu.gifてことみたいです。

   

今春咲いてくれたのは、昨秋あらたに購入した球根。

nutans1401.jpg
<撮影 2014.4.28>

今年は掘りあげてみようかな、と思いつつも
はて、30℃以下で保存できるような場所ってあるかしら?

冷蔵庫 icon_other_ref.gifの野菜室じゃ、低すぎますよね・・・

結局どうしようか決めかねている私であります

オーニソガラム ヌタンスの記事は こちら 

   

テーマ : ガーデニング ジャンル : 趣味・実用

関連記事

オンファロデス ‘チェリーイングラム’

明日からGWに突入ですね。
ばぐ庭は連休らしい予定もないままですが、
とりあえず春まっさかりで日々植物が変化しています。

cherryingram.jpg

こちらは、今年初導入の オンファロデス ‘チェリーイングラム’。

本当はスターリーアイズが欲しかったのですが、
ちょうど注文する時には売り切れていたんです(涙
で、かわりにお迎えしたのがこれ。

とても可愛らしいのですが、
植えてある場所の日当たりが悪く暗い印象なので、
やっぱりスターリーアイズの方が良かったなぁ・・・
・・・と まだ思っていたりして。

ごめんね、チェリーちゃん。

もう少し見慣れたら、チェリーちゃんの良さももっと
わかってくるかも。
もう少し待っていてね。

icon_line_tree_.gif

さて、突然ですが、これらのお花は何の花かわかりますか?

みんな我が家にあるムラサキ科の植物の花なんです icon_heart_three.gif

murasakika.jpg

左上から時計回りに、
オンファロデス リニフォリア Omphalodes linifolia
ブルネラ ジャックフロスト Brunnera macrophylla‘Jack Frost’
ブルネラ ミスターモース Brunnera macrophylla‘Mr.Morse’
わすれなぐさ Myosotis scorpioides

どれも小さくて、5裂花弁で中央が盛り上がっていて
ボタンみたいで...どれもとっても可愛いです。

そして今回ご紹介したチェリーイングラムのお花はこんな感じ。

cherryingram02.jpg
Omphalodes cappadocica 'Cherry Ingram'

上の4種より少しだけ大きめの花で、花弁が薄いのか
さほどボタン感がありません。
中央の盛り上がりもあまりありませんね。 なんかのっぺり。

あ、いかんいかん、
なんだか書いていたら愚痴みたいになってきました。

icon_others_tenshi.gif「チェリーイングラムの上には、
斑入り葉のワイゲラが生えているでしょ?
お互い大きくなった時、
縁どりのあるスターリーアイズicon_flower_fuchidori.gifよりも、
さっぱり花のチェリーイングラムのほうが
ごちゃごちゃしなくていいかもしれないよ?」

なるほど~!
天使のささやきにより、私の愚痴もおさまりがち♪

実際はどうかまだまだわかりませんが、
せっかくお迎えした縁を大事に、育てていきますね。

2015年のオンファロデス チェリーイングラムの記事は こちら からどうぞ。


   

テーマ :  ジャンル : 趣味・実用

関連記事

初めて見ました イモムシからサナギへ変わる瞬間

昨日の朝のこと。

最近、ツマグロの幼虫をみかけなくなったなぁと思っていた私の
視界にふと飛び込んできた黒いぶらさがるもの。

tsu.jpg

こっ これは!?

そう、蛹になろうとしている状態に違いありません。

しばらくしてからまた見に行ってみると、さかんに頭をうごかしていました。

またまた「こっ これは!」と見続けていると、
目の前で皮を脱ぎ始め・・・

tsu2.jpg

あっという間に皮を脱ぎ捨て、サナギになってしまいました。

tsu3.jpg

所要時間はたったの3分!!

この後、もう少し整った形の黒いサナギになり、落ち着いたようでした。

調べてみたら、羽化は約1週間後だそうです。
また運よく観察できたらいいな♪

それにしても、動画で撮りたかったなぁ・・・
(この時持っていたカメラには動画撮影機能がありませんでした)

せっかくなので順を追って撮った写真をアニメーションGIFにまとめてみました。
見づらいですが、ご興味のある方は ■続きを読む■ からどうぞ。

■■ 続きを読む ■■



   

テーマ : ガーデニング ジャンル : 趣味・実用

関連記事

tag : ツマグロヒョウモン

ラベンダー キューレッド

昨年は調子イマイチでしたが、
今年は絶好調に見えるラベンダー キューレッドicon_others_onpu_onpu.gif

redtate.jpg
Lavandula stoechas 'Kew Red'  2014.4.17

2012から13年にかけての冬には、
積雪の影響もあってかかなりのダメージをうけてしまい
↓半分くらいの枝が茶色くなってしまいました

rabe201303.jpg

この前の冬は、同じ過ちを繰り返すまい、と
ビニールをかぶせたのが幸いしたのか、今年はいい感じです

winter.jpg

なにしろ30cm以上積もりましたからね。
キューレッドはすっぽりとすべて雪の下に埋まってしまいました。
ビニールを被せていなかったら、と思うと
ゾっとしちゃいます。

icon_line_leaf01.gif

この株は、2009年の秋に小さい黒ポット苗でお迎えしたもので、
たしか2011年の春に地植えしてあげたもの。

redsmall.jpg
<撮影 2011.4>

わ~、 この頃はずいぶん小さかったですね
ずいぶん大きくなりましたicon_heart_1053.gif

地植えのパワーってほんとスゴイです。

redyoko.jpg

もうすぐ満開かな?

icon_line_leaf01.gif

ストエカスといえば、
昨年調子のよかった花うさぎ(昨年の記事は こちら
今年はまだまったく咲かないのが心配ですが

bousi.jpg
<撮影 2013.4.27>

隣のレースラベンダー'星のしずく'(写真だと奥側)も
ようやく咲き始めたばかりなので、もう少し様子を見ようと思います。
今年は少し出足が遅いのかも。

 ラベンダーの記事は、 こちら  

   

テーマ : ガーデニング ジャンル : 趣味・実用

関連記事

tag : ラベンダー

元気をもらおう! サニーサイドアップ♪

今日は、庭で美味しそうなものをみかけました。

たくさんの目玉焼きicon_other_egg.gifです。

hosmariense2014.jpg

我が家のサニーサイドアップは、2010年の春にお迎えしたもので、
当時はツボミがほんの2個くらいしかないような小さなポット苗でした。

hosmariense2010.jpg

店頭で見かけた時に、
この鱗に覆われたような、鬼太郎の目玉親父みたいな、
大きな蕾が面白くて連れて帰ったもの。

hosmariense2012.jpg

菜園コーナーの一角に賑やかし要員として植えてみたのですが
これが強い強い!

毎年、放っておいてもダーっと広がり(高さは20cmほどで、横に広がります)、
あまりに広がるので面積半分くらいまで切り捨てるのですが、
また平気でダダーっと大きくなります。

しかも常緑ですから冬場もシルバーリーフが楽しめますし
春にはこうして忘れずに花も咲かせてくれます。

ただの白と黄色の菊・・・といってしまえばそれまでですが、
この単純さと、めいっぱい咲くさまを見ていると、
なんだか元気をもらえるような気がしませんか?

hosmariense2013.jpg

ひとつひとつの花径は5cmくらいでしょうか。
背が低いわりに大きな花をびっしり咲かせるので蒸れそうでしょ?

「高温多湿に弱い」と聞いていたので、蒸れてしまうのでは?と
最初は心配したのですが、なんと、いままでトラブル知らずです。
虫も、病気も、まったくナシです。

我が家に来ると、みんな観念して丈夫になっちゃうのかな?

■■ 続きを読む ■■



   

テーマ : ガーデニング ジャンル : 趣味・実用

関連記事
プロフィール

ばぐ

Author:ばぐ
 
ユーフォルビア、ヒューケラ、原種シクラメンなど葉も楽しめる多年草を中心に、ローメンテナンスなガーデンを目指しています。植物選択の基本は「地植え」出来ること。雑草も虫たちもできるだけ共生できたらいいなと思っています。

カテゴリ
タグ
最近の記事+コメント
検索フォーム
LINK
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

お願い
当ブログ内の写真・画像・文章につき 許可なしでの引用・複製を禁じます。 Copyright © BUG's GARDEN All Rights Reserved.
thanks for comming  2013.1~
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2014年04月 | 05月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


Enjoy your life.
RSSリンクの表示