サルビア アズレアの開花まであと少し

毎年暴れて困ってしまう植物ってありますよね。

我が家にも何種類かあるのですが、秋開花の代表格、サルビアのアズレアが
蕾をたくさん出し始めました。

azurea2013.jpg

ちょっとでも油断するとグネ~って曲がってしまうんですよね。
昨年は、結局こんな↓クネクネでした。

azurea2012.jpg

支柱は必須ですし、発芽からの数回の刈り込みも必須!!

わかっていても、毎年どうも刈り込み度合いが甘いのか暴れる暴れる・・・。

以前ガーデニング先輩が「サルビア アバズレア」と命名なさっていましたが(笑
本当にそう呼びたくなるくらいお行儀が悪いのです。

そこで、ガウラに続け!とばかりに、今年は刈り込みと囲い込みを断行しております!

今年の、今までの様子を並べますので見てくださいね。

↓まずは5月の芽吹きの頃。ガウラもコンパクトで綺麗♪
azurea-m.jpg

↓たった一ヶ月で一気に伸びます。
azurea-jn.jpg

↓7月には思い切ってばっさりと刈り込み!
このあたりから、支柱のまわりにワイヤーを張り茎の管理を開始しました。
ガウラも刈り込んでいます。
azurea-jl.jpg

↓8月上旬にはもうこんなにコンモリ。
azurea-a.jpg
あまり遅くなってから刈り込んで蕾がつかなくなったら困るので、
8月中旬くらいまでにもう一度刈り込んでおわりにしました。

↓そして今。
azurea-s.jpg
昨年一昨年に比べるとまとまっているのですが、
こうしてみるとやはり背が高い~。
先日の台風で乱れなかったのは良いけれど、
これではまだまだ大成功とはいえない感じです。

株の下のほうがさびしくなってしまうのも、なんだかな~。
夏の刈り込み時に、もっと低いところで刈らないといけなさそうです。

満開になるのはおそらく10月中旬。(下写真は一昨年に撮影したもの。)
今年も、はやく見たい!
azurea2011.jpg

 【サルビア アズレア】
   シソ科
   学名: Salvia azurea
   別名:スカイブルーセージ、ブルーセージ、プレーリーセージ など
   花期:10月
   草丈:1m~1.5m
   耐寒性宿根草(-12℃、冬季落葉)



   

テーマ : ガーデニング ジャンル : 趣味・実用

関連記事

tag : サルビア

秋の花 ~リコリス スプレンゲリーに縁がありません(>_<)~

小さい頃、実家で秋に咲いていた彼岸花。
曼珠沙華とも言いますよね。

icon_flower_f_higan.gif

縁起が悪いと忌み嫌う人もいるそうですが、私はずっと好きな花でした。

数年前・・・
自分が住む家でも咲かせたくなって、でもいわゆる赤い彼岸花ではなくて
ちょっと変わったのが欲しいな、
そう思って買い求めたのが、青みがかったピンク花のスプレンゲリーと、白花の球根。

白花は綺麗に昨年咲いてくれたものの・・・、

riko12.jpg

スプレンゲリーのはずの球根は、咲いたら ↓ 見事に赤icon_face_1243.gif

riko11.jpg

がっかりしながらも、悔しくて再度スプレンゲリー球根を買い求め・・・
昨年は咲きませんでしたが今年その球根がようやく咲いてくれることに!

rikorisu.jpg

↑ 8月の終わりには蕾がたくさん出てきていました。 向かって右側の
蕾たちは赤花品種。左側が初めて咲くスプレンゲリーのはず~icon_other_up_yajirusi.gif

今度こそ!と、期待に胸が膨らみます。

・・・ところが、です。

riko13.jpg

↑ 咲いたら結局、今度も赤花だったという・・・icon_face_namida.gif あぁ、悲しや。


   

テーマ : ガーデニング ジャンル : 趣味・実用

関連記事

コスモスみたいなあおい ☆..薔薇です^-^..☆

今日は「秋にしか咲かない」花、ではなく、「秋にも咲く」花をUPです。

aoi201392.jpg

八重咲きのコスモスかと思ってしまいそうな写真でしょう?
実は、バラの「あおい」なのです。

「あおい」は、昨年我が家に来た数本のバラのうちのひとつ。
真夏を乗り越え、秋の花を見せてくれたのはいいのですがこんな顔でした・・・

前日の蕾の状態を見ると、たしかにぷっくら感がなかったです。

aoi201391.jpg

もしかして、9月半ばの開花は、まだ「夏の顔」と考えたほうがよいのでしょうか?
(あいかわらずバラのことがよくわかっていません

だとしたら10月以降が楽しみです。
だって本来のあおいの花はこんな↓なのですから!

aoi201351.jpg

紫ともマゼンタとも茶色とも言い切れないこのなんとも言いがたい
中間色がいいんですよね。
洋風になりきれない我が家の植栽にちょうどあっています。

aoi201352.jpg

   【葵】(FL)
      花色:ココアがかったピンク
      花径:約5cm
      開花期:四季咲き
      樹高:60cm
      香り:微香
      作出:2008年、日本(Rose Farm Keiji)


バラのことはあまり詳しくありませんが、
切花品種と「ラベンダーピノッキオ」の交配種で、
F&Gローズ(フローリスト&ガーデナーズローズ、
切花用途・園芸用途の両方に適するバラ)
だそうです。

秋の花は特に茶色(もしくはココア色)が強めにでるようなので楽しみicon_heart_1053.gif

・.☆.・ Special thanks to ROUGEさん, 麻呂さん ・.☆.・ 

   

テーマ : ガーデニング ジャンル : 趣味・実用

関連記事

秋の花ぞくぞく ~トウテイラン~

 


toutei-052.jpg

一昨年、昨年に続き、この花が咲いてくれましたicon_heart_03.gif


toutei-04.jpg

 トウテイラン(洞庭藍)】
   ゴマノハグサ科ルリトラノオ属(クワガタソウ属)
   学名:Veronica ornata
   花期:晩夏~秋
   原産地:日本(近畿地方日本海側など)
   耐寒性宿根草


今年は、昨年も咲いた2株にプラスして、
こぼれ実生株が2株参戦しているはずなのですが
ボリューム的にはさほど大きくなっているという印象はありません。

↓昨年の様子。

toutei-01.jpg

ボリュームはさほど増えていなくても、
今年は、ガウラフェアリーズソングとのコラボや、
実生のガウラフェアリーズソング(親よりも濃ピンク花)と
一緒に咲いてくれたり、と
十分に目を楽しませてくれているので、大満足です。


toutei-03.jpg
↑左上で暴れているのは今年初導入のアオチカラシバです。
ようやく穂がでてきましたので、これからが見所(のハズ)。

ちなみに、
④の写真の手前で暴れているガウラは、7月上旬に刈り 込んだままの株、
②の写真、左側に写っているコンパクトなガウラは、9月の頭に再度短く切ったものです。
品種はどちらもコンパクトタイプのガウラ ファエリーズソング。

やはり惜しげなくどんどん刈り込んで もOK icon_other_ok2.gif のようです。
コンパクトに収めるか、暴れた姿を楽しむのか、好みで選べるみたいicon_other_up_yajirusi.gif 便利ですね。


icon_line_leaves2.gif

今日は台風18号icon_other_arashi.gifが来ています。
関西や北関東のように大きな被害はいまのところでていませんが、
トウテイランはボロボロになっちゃうかもしれません。
がっかりicon_face_1243.gif

被害の出ている地域の皆さんには心よりお見舞申し上げます。

   

テーマ : ガーデニング ジャンル : 趣味・実用

関連記事

tag : トウテイラン カラーリーフ

ガーデンデンドロとサルスベリの相性は?樹皮剥けに要注意(>_<)

我が家に来て丸2年ちょっと経ったガーデンデンドロビューム・・・

生育順調と思っていたのですが、ちょっと困った事態になりました。
このガーデンデンドロを着生させているサルスベリに問題があるのです。
(サルスベリが悪いわけではないのですが^^;)

デンドロ自体は環境に馴染めたのか順調に新しいバルブも育っていて、
den03.jpg

新根もどんどん伸びて、
↓このように、木肌に着いていたのですが、

dendoro0702.jpg

よく考えたら、サルスベリの樹皮って、剥けるんですよねicon_face_hatto1165.gif

icon_face_gaan.gif ウッカリ icon_face_gaan.gif ウッカリ icon_face_gaan.gif 

はい、9月に入ったある日、とうとうそれは発生していました。

鉢ごとくくりつけてあったセッコクは落下し、
ガーデンデンドロはかろうじて木からぶら下がっていたのです。

どんなに木にしがみついていても、木から樹皮がベロンと剥がれてしまったらおしまいです。

dendoro09.jpg

応急処置として、新しい麻紐で木につけてはありますが、
どうです?このベロロ~ンとした樹皮・・・・icon_face_1243.gif

もっと大きく剥がれた部分は処分してしまいましたが、残った部分でも
こうしてみると広範囲ですよね。

saru.jpg

サルスベリって、一度剥けたらその部分はもう剥けませんか?
成長するたびにたまに剥けるとしたら・・・
セッコク達は、鉢もしくはヘゴ(実際にはヘゴに似せてある木材)に
くくりつけたものをサルスベリに付けているだけなので傷は浅いのですが、
ガーデンデンドロは直接木にくくりつけてありますから
モロに影響を受けますので
今後の対策が必須となります。

とりあえず情報収集しつつ、大丈夫そうなら次の植替適期(秋よりは春)まで様子を見て
対策を講じたいと思います。

何かアドバイスのある方、いらっしゃいましたらぜひぜひ教えてくださいね。

サルスベリって、
 春...アブラムシ、
 夏...散った花の掃除、イラガ、コガネムシ、うどん粉病
 晩...落葉の掃除、
実は色々お世話が大変な樹木だったのですね~icon_face_nakigao.gif

知りませんでした。

icon_star_1077.gif ガーデンデンドロなどランの記事は、こちら ^-^ icon_star_1077.gif

   

テーマ : ガーデニング ジャンル : 趣味・実用

関連記事
プロフィール

ばぐ

Author:ばぐ
 
ユーフォルビア、ヒューケラ、原種シクラメンなど葉も楽しめる多年草を中心に、ローメンテナンスなガーデンを目指しています。植物選択の基本は「地植え」出来ること。雑草も虫たちもできるだけ共生できたらいいなと思っています。

カテゴリ
タグ
最近の記事+コメント
検索フォーム
LINK
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

お願い
当ブログ内の写真・画像・文章につき 許可なしでの引用・複製を禁じます。 Copyright © BUG's GARDEN All Rights Reserved.
thanks for comming  2013.1~
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2013年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


Enjoy your life.
RSSリンクの表示