いまが満開かな

宿根草・多年草へ  にほんブログ村

  中国の洞庭湖の色のように美しい花が咲くという「トウテイラン」。

 我が家に来て2回目の開花となりました。

白い粉を吹いたようなシルバーリーフだけでも素敵なのですが
粒々とした蕾や藤紫色の花もとても綺麗です。

  ↑昨年の開花の様子。

これだけでも感激の美しさだと思ったのですが、
今年はさらにボリュームアァァップ。

下の画像は今年の様子。
少し離れての撮影ですが、昨年とのボリュームの違いは伝わりますか?

雑草が沢山写っているのは気づかないフリしてくださいね。

icon_line_leaves.gif

花が終わると、株元に越冬用の小さな芽がでてきます。

上の写真は昨年の晩秋、下は今春の様子です。
じぃっと日照ほぼゼロの冬をこうして耐え忍んでくれました。


 トウテイラン
      (洞庭藍)】


 ゴマノハグサ科
 ルリトラノオ属(クワガタソウ属)
 学名:Veronica ornata
 花期:晩夏~秋
 原産地:日本(近畿地方日本海側など)
 耐寒性宿根草


icon_line_leaves.gif


洞庭湖(拼音: Dòngtíng hú)は、中華人民共和国湖南省北東部にある淡水湖です。
中国では、2番目に大きい淡水湖だそうです(最大は鄱陽湖)。
湖南省や湖北省は、この湖の南や北にあるからそういう名に
なっているのですって。

   

テーマ : ガーデニング ジャンル : 趣味・実用

関連記事

tag : トウテイラン カラーリーフ

原種シクラメン始動

残暑は厳しいとはいえ、
秋を感じる場面が多くなってきましたね。

季節の変化に敏感な植物達は、秋の準備に余年がないようです。

我が家にあるシクラメン3種のうち、
原種シクラメンのヘデリフォリウムが夏の休眠から目覚めました!

genshiku-
<撮影 2012.9.12>

よく見ると、
まんなかの蕾だけでなく周辺にも花茎らしきものがチラホラ。

地植えにして放っていましたが、こうして
無事に夏を越してくれていたことがわかってとても嬉しいです。

昨秋、趣味の園芸の通販で届いた時にはそろそろ花期が終わるころでしたので
本格的な開花は、今年が初めてなのでウキウキ楽しみ(@^-^@)
(下写真左端がヘデリフォリウム)



ヘデリフォリウムは普通のシクラメンとは違って
花がおわってから葉が展開してきます。

うちのヘデリフォさんは、模様のあまりないシルバーリーフで、
花が終わってからもしばらく楽しむことができるんですよ

genshiku-leaf.gif


  【シクラメン ヘデリフォリウム】
   サクラソウ科シクラメン属
   学名:Cydlamen hederifolium
   花期:秋(9~11月)
   耐寒性球根植物


 ヘデリフォリウムは原種シクラメンの中ではコウムと並び初心者向けといわれる品種で、
長生きだと150年間も生きるそうです。
うちではいったい何年くらい生存してくれるかな~。

原種シクラメンは、南ヨーロッパ各地、中近東、ロシア、北アフリカなどに
広く自生しているのだそうです。
日本にはさすがに自生していないのねぇ。。。

さて、
我が家では、ほとんどのシクラメンを ここ ↓ に植えています。


genshiku-2

あ、見えませんよね^^;
左上に茂っているのが山吹、
中央やや下にあるのがヒューケラ、ブルネラ、オキザリスのアデノフィラ、
右側に広がっているのはクローバーティントワインで、
シクラメンはどこかというと写真左下の暗い部分。

夏の強烈な直射日光を山吹が遮ってくれるので
(おかげで山吹は葉焼けして悲惨な風貌となりますが)
下は半日陰で比較的過ごしやすいようなのです。

  フラッシュ撮影すると姿がよく見えます。

赤い葉はヒューケラのジョージアピーチ(根伏せしたチビ苗)、
右はガーデンシクラメン、ヘデリフォリウムはその奥の埋めた陶鉢の中です。

ヒューケラのキャラメルが予想していたより
大きくなってしまったので、
ヘデリフォリウムが咲いても見えなくなってしまっているかも。。。

10月11月のころの繁茂状態によっては
今後の配置替えを検討しなくてはいけませぇん。

   

テーマ : ガーデニング ジャンル : 趣味・実用

関連記事

アリウム2種類

宿根草・多年草へ

季節外れな記事で申し訳ありません^^;

昨年は咲くことなく枯れてしまったアリウムが
今年はちゃんと咲いてくれていたのに、UPし損ねておりました。

アリウムのシューベルティとマウトエベレストは
2010年の秋に初めて植えたものです。



大きな球根でしょう?
マウントエベレスト(手前)は直径5cmは超えていたのではないでしょうか。

昨夏 植えっぱなしにしていたので、ダメかと思っていたのですが
思いがけず発芽、しかも小さいながら蕾もあがりました。

やっぱり咲き始めはネギ坊主なのですね♪



 

約直径10cm。
マウントエベレスとしては小さな花球でしたが白い花火みたいでとても綺麗でした。
背景の黄緑は ユーフォルビア セギエリアナ。



シューベルティは、
日あたりガンガンの南庭で、のびのびと蕾を伸ばしてくれました。





こっちはずんぐりむっくり・・・ 大きな線香花火みたい。



マウントエベレストや有名なギガンチュームのようなまん丸ではなく、
内側と外側での2重の開花が印象的です。

ひとつひとつの花も、よ~く見ると星icon_star!.gif型で可愛いのですよicon_heart_1053.gif



今はもう地上部は影も形もなくなりました。
また植えっぱなしでも来年芽をだしてくれるでしょうか。

   

テーマ : ガーデニング ジャンル : 趣味・実用

関連記事

Weigela florida ‘Variegate’

 


春にきれいに咲いてくれていたのに
UPしそびれていたのでとりあげますね。

  【斑入り大紅ウツギ】
別名:ワイゲラ フロリダ バリエガータ
   斑入りハコネウツギ など
スイカズラ科タニウツギ属
学名: Weigela florida ‘Variegate’
花期:春
耐寒性落葉低木(~3m程度)




咲き始めは白い花で
しばらくたつとこんな変化が^^



咲き進むにつれてピンク色に変わってくるのです。

「咲き始めがピンクで徐々に白くなっていく」と
紹介しているサイトもあるようですが、
うちのは逆。




私の好みでは、白~ごく薄ピンクくらいが良いので、
花が終わるころのピンクはあまり好きではありませんが・・・^^;

icon_line_sikakuyellow.gif

このワイゲラちゃん、5月が一番綺麗な時期です。

我が家の場合は
夏の終わり頃になると、強光で葉焼けしてくるのと
コガネムシにたかられて穴だらけになってしまうので(>_<)

   

テーマ : ガーデニング ジャンル : 趣味・実用

関連記事

tag : カラーリーフ

プロフィール

ばぐ

Author:ばぐ
 
ユーフォルビア、ヒューケラ、原種シクラメンなど葉も楽しめる多年草を中心に、ローメンテナンスなガーデンを目指しています。植物選択の基本は「地植え」出来ること。雑草も虫たちもできるだけ共生できたらいいなと思っています。

カテゴリ
タグ
最近の記事+コメント
検索フォーム
LINK
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

お願い
当ブログ内の写真・画像・文章につき 許可なしでの引用・複製を禁じます。 Copyright © BUG's GARDEN All Rights Reserved.
thanks for comming  2013.1~
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2012年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


Enjoy your life.
RSSリンクの表示