わぁ~♪ ガーデンデンドロが咲きました

つい先日、蕾を発見したガーデンデンドロビュームが
(ガーデニングデンドロともいうようです)
昨日の朝、ついに開花してくれました





咲き始めた朝 ↓ は、まだ何やら控えめな開き方でしたが


日光がサルスベリで遮られる昼過ぎ ↓ 、全開に。

我が家のGarden Dendrobiumちゃん、優しいピンク色でした。

サルスベリの木陰で涼しく夏を越すのはデンドロだけではありません。
ヒューケラやクリスマスローズも根元に植わっています。


ここに落葉樹を植えて正解でしたね。

なんだか、こうしてみると、
いっきにほとんどの蕾が咲いてしまったみたい。

花もちが良いはずの蘭...何日くらい楽しめるのかしら。

サルスベリから蘭が咲くなんて、なんとも不思議な景色です。

icon_star_1077.gif ガーデンデンドロ類の記事は、こちら ^-^ icon_star_1077.gif

   

テーマ : ガーデニング ジャンル : 趣味・実用

関連記事

初開花のゲラニウム’デリッククック’

宿根草・多年草へ  にほんブログ村   

昨秋にお迎えしたゲラニウム‘デリッククック’は、
大手育苗会社icon_flower_leaf04.gifのオンラインショップで見つけてお迎えしたもので、
この春、我が家で初開花してくれました。

直径4~5cmの大き目の花が
初夏~秋まで咲き続ける、というふれこみなのですよ



なるほど、なかなかの色白美人さんです。

昨年の晩夏にだめになってしまったライラックアイス’(下写真)に
少し似ているでしょうか。



ライラックアイスのほうが赤みが強いかな。
あ、シベ(やく)の色も違うんだ。

花は美人さんだったので大満足なのですが、
困ったことに、いまのところ株が暴れん坊...というかだらしない



写真ではわかりにくいですがぐで~っとしております。

我が家には2株あるのですが、
花茎は自立するつもりがないのか、
いずれの株の花茎もちょっと風に吹かれただけで地面に寝てしまいます

先日の暴風では、見事に花茎が1本折れてしまいました。

蕾が沢山ついていて残念でしたが、チョッキンしてごみ袋へ...

輪っかの支柱をたてたので、今後は地べたで割く危険性は少なくなりましたが
花茎が弱いのは困りましたね。
これからは暴風の旅に養生が必要か !?

でもねえ、
折れてごみ袋行きとなった花茎から、花が咲きましたよ。



花茎は弱いくせに、咲く気はマンマンみたいです。


ライムグリーンの葉っぱも美しかったライラックアイスのように
花も葉色も楽しめる、とういわけにはいきませんが



これから秋まで咲き続けてくれるのはありがたいことです。
うまく栽培のコツを見つけられたら嬉しいな。


ところで、どなたか、デリッククックを育てておいでの方はいらっしゃらないでしょうか。

サイトによってはBLOOMS社のゲラニウムだという説明があるのですが
BLOOMSサイトのペレニアル一覧には名前がありません。

また、デリッククックで検索していると、
Geranium himalayense 'Derrick Cook' の名前がよくhitします。
よって、himalayense(ヒマライエンセ)の園芸品種なのかと思いますが
ヒマライエンセって、春(初夏)の一季咲き品種ではなかったでしょうか。

どうも素性のよくわからないDerrick Cookちゃん
わかる方、いらっしゃいましたら教えてくださいませ。

追記①
7月6日追記:GeraniumWebのiku19さん情報です。
デリッククックは10年ほど前の作出品種で、
やはりヒマライエンセなので、春の一季咲きとのこと。
また、ヒマライエンセは花茎が元々弱いそうなのですが、
大株になればある程度しっかりしてくれるのでは?とアドバイスいただきました。
iku19さん、ありがとうございました。


追記②
 2015年の開花記事は こちら 

   

テーマ :  ジャンル : 日記

関連記事

開花一番ノリの薔薇は新顔~シンプリーサリー~

 にほんブログ村 

我が家でもようやく一つ目のバラが咲いてくれました。
一番乗りは、新顔(昨冬お迎えしたばかり)の薔薇 シンプリーサリー。

  Simply Sally
   2007年ハークネス作出。
   花径:4~5cm
   香り:微香
   樹形:横張りシュラブ
   樹高:~60cm
   ガーデン・パーティ・シリーズ

この薔薇、検索してもあまりヒットせず情報が少ないのです。
有島薫氏のブログでも、ちょこっとだけ載っているだけ。
ハークネスのバラ ?


外国のサイトですと、こんな説明が見つかりました。

とにかく、よく咲き、コンパクトな樹形で、育てやすく、
金賞がもらえるくらい優秀、ということのようです。

新しい品種とはいえ、
検索してもあまり日本のサイトでヒットしないということは
日本では人気が無いということでしょうか。

まぁね、ヒラヒラでもグルグルでも強香でもないしね(涙

icon_line_sikaku.gif



シンプリーサリーの蕾は、スラっとした美人。
下の写真は同じ日(2012.5.11)に撮ったコーネリアの蕾。
これはまるっこくて可愛らしい・・・はやく咲かないかな。



花のアップ↓。



花もちはどうでしょうか・・・。

   

テーマ : ガーデニング ジャンル : 趣味・実用

関連記事

ガラスの花が咲きました オーニソガラム ヌタンス

オーニソガラムは、ヨーロッパから西アジア、アフリカ原産の球根植物で、
約100ほど種類があるそうですね。



我が家のオーニソガラムは、
昨秋に初めて買ってみたもので、
ヌタンス(ヌータンス)という品種です。

 【オーニソガラム ヌタンス】
   ユリ科オーニソガラム属
   学名: Ornithogalum nutans
   花期:5~7月
   原産地:ブルガリア、ギリシャ、トルコ
   耐寒性球根植物

白と緑の2色のみの濃淡で構成されているような
非常に綺麗なのですが、非常に地味なお花

「ガラスの花」と呼ばれているようですが、
クリスタルのように透明感がある、というわけではないのですよ

なんと表現したら良いのでしょう
私に言わせれば、
「曇りガラス」の花? いや、それじゃ可哀想ですね

「陶器」の花、かな。
リヤドロの作品にありそうな、そんな厚みと透明感のあるお花なのです。

2月中旬にははやくも芽がでていたのに、開花はなんと5月にはいってから。

プシュキニアが発芽から開花まで、たった2週間余りだったのに比べ、
ずいぶん時間がかかりました。

植物によってずいぶん異なるものですね。

ん~ 綺麗

でも 地味ぃ~

でもやっぱり素敵。

また来年も咲かせたいな

オーニソガラム ヌタンスの記事は こちら 

   

テーマ : ガーデニング ジャンル : 趣味・実用

関連記事
プロフィール

ばぐ

Author:ばぐ
 
ユーフォルビア、ヒューケラ、原種シクラメンなど葉も楽しめる多年草を中心に、ローメンテナンスなガーデンを目指しています。植物選択の基本は「地植え」出来ること。雑草も虫たちもできるだけ共生できたらいいなと思っています。

カテゴリ
タグ
最近の記事+コメント
検索フォーム
LINK
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

お願い
当ブログ内の写真・画像・文章につき 許可なしでの引用・複製を禁じます。 Copyright © BUG's GARDEN All Rights Reserved.
thanks for comming  2013.1~
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2012年05月 | 06月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Enjoy your life.
RSSリンクの表示