クロッカス ピックウィック

宿根草・多年草へ  にほんブログ村 

ミツマタに続き、クロッカスが満開になりました。



これは、ピックウィックという品種。
この紫のストライプが何ともいえませんicon_heart_three.gif



クロッカスで「育てたい」と思えるのは、
今のところ、まだこの品種だけなんです♪

シベが可愛いね。

   【クロッカス ピックウィック】
      アヤメ科アヤメ科
      学名:Crocus vernus cv. Pickwick
      別名:ハナサフラン
      原産地:
      地中海沿岸、アジア
      耐寒性秋植え球根植物

花弁は外側も内側も縞々。



じぃぃ~っと見ていて気づいたのですが、
6枚ある花弁のうち、外側3枚の方が、内側3枚よりも紫の面積が広いのです。
これってもしかして花のつくりから考えると別物?

そういえば、ユリも、内側と外側の花弁では構造的には別物ですよね。

カチカチカチッ  ポチっ

ふむふむ。

さっそく確認のため調べてみたら、
やっぱりですねぇ、外側3枚は外花被片で萼に相当し、
内側3枚は内花被片なのだそうです。



毎日毎日、日が暮れるとこうして花を閉じてしまいます。

icon_line_tree_.gif

ところで、私ってこういうお花が好きみたい。
だって、この花↓も、とってもピックウィックに似ているでしょう?

これは秋に咲くサフラン。
色合い、花弁の筋、中心に筋のある細い緑葉。。。シベ以外そっくり^^

秋も、春も、こんなに可愛い花が見られるなんて、し・あ・わ・せ。

サフランもピックウィックもどんどん増えてくれたら嬉しいな。

   

テーマ : ガーデニング ジャンル : 趣味・実用

関連記事

いよいよミツマタが満開みたいです


3月初旬に咲き始めたミツマタがとうとうほぼ満開になりました
 

蕾の頃は白いポンポンでしたが、今は山吹色のポンポンにチェーンジっ。

花のサイズは、半開段階ですでに5cm越

なかなかに大きくて素敵でしょo(≧∇≦)o

花の後ろ側は、満開になっても白いホワホワなまま。。。うなじ美人です。



icon_line_leaves2.gif

ミツマタは沈丁花の仲間ですが葉っぱはわりと大きい落葉樹。

夏場は、大きな葉を広げて、
下に植えてある苧環や福寿草を直射日光から守ってくれまーす。

 【ミツマタ(三椏)】
   ジンチョウゲ科ミツマタ属
   学名:Edgeworthia chrysantha
   英名:Oriental paperbush
   花期:3月
   耐寒性落葉低木(1~2m)




ミツマタは、徳川家康がまだ将軍になる前の1598年(慶長3年)から
紙の材料として使用されてきた歴史ある素材なのです。

日本の紙幣の材料としては、1879年(明治12年)から使われています。
繊維に粘りがあり繊維同士が絡みやすいこと、
繊維が長く簡単に取り出せること、などの理由から
和紙の材料に向いていて、
紙幣のほか、写経の紙に使われていているのだそうですよ。

今に、自家製手漉き紙でお手紙とか書けたら、とっても格好良いですよね。

********************

復活版の記事なので、コメント欄はとじています。
コメントを残したい場合は、拍手ボタンからお願いします。

   

テーマ : ガーデニング ジャンル : 趣味・実用

関連記事

tag : ミツマタ

季節外れですが、山アジサイ

 にほんブログ村  

今は落葉していて、まったく葉っぱのない状態の山アジサイですが、
昨年6月には綺麗に咲いていてくれました。
ちょうど咲いているときに記事にすればよかったのにね

忘れない為にも、こんな時期ですがUPしておきますね。
今ある2本は、いずれも引越し後にあらためて購入したものです。

まずは、以前も育てていた「くれない(紅)」。



この品種は有名ですね。

咲き始めの装飾花は白く、
咲き進むにつれて紅くなっていきます。
内側の両性花は淡いピンク。

装飾花が紅く染まる頃には
両性花が開ききってしまうので、
2枚目の写真くらいの時期が一番好きかな。

もうひとつは、「屋久島甘茶」
装飾花は紅が不規則に軽く混じる白色で、
中心の両性花は蕾の時は赤紫ですが開くと青紫~水色になります。
「くれない」にはない青みが素敵な品種です。



和紙を漉いたような装飾花の風合い色合いがとても綺麗でした。





2本とも昨年は2つずつ咲いてくれました。

山アジサイは前年に伸びて充実した枝に花を咲かせますので
もうこれからどうがんばっても花の数が増えるわけではありませんが、
さていったい今年はいくつ咲いてくれることでしょう。

少しずつ芽が膨らんできています。

   

テーマ : ガーデニング ジャンル : 趣味・実用

関連記事
プロフィール

ばぐ

Author:ばぐ
 
ユーフォルビア、ヒューケラ、原種シクラメンなど葉も楽しめる多年草を中心に、ローメンテナンスなガーデンを目指しています。植物選択の基本は「地植え」出来ること。雑草も虫たちもできるだけ共生できたらいいなと思っています。

カテゴリ
タグ
最近の記事+コメント
検索フォーム
LINK
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

お願い
当ブログ内の写真・画像・文章につき 許可なしでの引用・複製を禁じます。 Copyright © BUG's GARDEN All Rights Reserved.
thanks for comming  2013.1~
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2012年03月 | 04月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Enjoy your life.
RSSリンクの表示