白花のホトトギスたち 2016

はやいもので10月ももう半ばとなりました。

庭ではホトトギスが満開をすぎたところ。

try-20160925-01.jpg

あいかわらず不思議な形の花です。

我が家には白花のホトトギスが2種類あって、
上の写真のように葯がピンク色のものと、白いもの。
いずれも花友さんからのいただきものなので宝物です。

try-20161007-01.jpg

try-20161008-02.jpg

このピンク葯のほうは、紫花のホトトギスに押され気味↓で
カゲに隠れがちです。

try-20161007-02.jpg

そのせいか、ナメクジ被害に相当あってしまい、
10月中旬にはもう綺麗に撮れる花はなくなってしまいました。

この紫花株は、私がここに植えたわけではないのです(>_<) 
勝手に生えてきました^^;
花のつきかたから判断するにタイワン系・・・どこかからか、来たのね。
我が家では、タイワン系のホトトギスは繁殖力旺盛すぎて
嬉しくない悲鳴にかわりつつあります。
冬になったら掘って地下茎ひん抜いてやらねば!!

ピンク葯ちゃんの見ごろは過ぎましたが、

try-20161015-02.jpg

白葯ちゃんは、まだまだ綺麗です。

try-20161013-01.jpg

2mも離れていない場所ですが、こちらはあまり
蛞蝓被害を受けていません。
ちょっとした環境の違いで、ずいぶんな差が出るものです。

try-20161008-01.jpg

icon_line_0088.gif

どちらの株も、別の場所から子株がはえ、咲くようになりました。
タイワン系ではないようなので、こぼれ種子から増えたのでしょう。
放ってあるだけなのにねぇ~。
環境があえば、手をかけなくてもちゃんと増えて咲くのね~♪

   

テーマ : ガーデニング ジャンル : 趣味・実用

tag : ホトトギス

白花のホトトギス

 

我が家の夏は
主にメヒシバやオヒシバ、エノコログサといった
イネ科の皆さんがすくすくと育ってしまい、
背の低い宿根草は姿が見えなくなるほどの勢いです。

ホトトギスも埋もれてしまいがちな植物の一つ。
でも9月にはいり雑草の勢いにもさすがに陰りがみえ
こうして花を観賞できるようになりました。

20150930_hototogisu_c_02.jpg

ピンク蕊株ちゃん。

20150930_hototogisu_c_01.jpg

すぐ近くに紫光に似た品種が咲いていますが

20150930_hototogisu_c_03.jpg

白株は葉に斑点が無いので、
花の咲いていない時期にも見分けがつきます。

どちらもこぼれ種子で増えるので、
増えすぎは葉模様を見ながら適宜抜きぬき。

↓こちらは少し離れた場所の白蕊株ちゃん。
花数が昨年より増えています。

20150930_hototogisu_t_02.jpg

ここはヒシバ類ではなく、
去年お迎えしたポット苗にはいってきたキツネノマゴが
とびだして大繁茂して大変でした。
もうすっかり抜いたのですっきりですけれどね。

20150930_hototogisu_t_01.jpg

白蕊だから、色が白・黄・黄緑3色だけでスッキリ、凛々しい。

こぼれ種子からの発芽もあるようなので
もしかしたら来年はキツネノマゴと勢力争いを繰り広げられるほどに
なってくれていたら嬉しい。

20150930_hototogisu.jpg

春はイカリソウ、秋はホトトギスの花を楽しめるこのエリア、
鉄平石の右側には玉竜、コバノタツナミ、赤花ゲンノショウコなど。
そう、このエリアは和テーマなのです。

せっかく日本でガーデニングをしているのですから、
洋風なものばかり植えていたらもったいないですものね。

・.☆.・ Special thanks to ムクちゃん、スモさん ・.☆.・

   

テーマ : ガーデニング ジャンル : 趣味・実用

tag : ホトトギス

白花ホトトギス×2

 

昨年のいただきもの 白花ホトトギス2種類です。

こちらは、昨春にいただいたもの。
             開花時の記事は こちら 

tricyrtis-m-201410-01.jpg
<撮影 2014. 10. 1>

うっすらと紅がのる葯が可愛らしいです。

tricyrtis-m-201410-02.jpg
<撮影 2014. 10. 1>

昨年の開花後、台風の強風で倒れ根も丸だしで萎れ
枯れてしまったと思っていましたが
なんのどっこい、ダメ元で埋めておいたところ
しっかりと今春には芽をだし、開花してくれました。
ど根性野郎です。

↓こちらは、上の白花が台風でやられてしまったと思って落ち込む私に、
昨秋、違う花友さんが送ってくださったもの。

tricyrtis-smo-201410-01.jpg
<撮影 2014. 10. 4>

遠目で見ると同じですが、花を良く見ると、
こちらの葯は白くてスッキリ。

tricyrtis-smo-201410-02.jpg
<撮影 2014. 10. 4>

いずれの白ホトトギスも、紫花と違って斑点がなく、
すっきりしていてとても綺麗!!

斑紫のいわゆるホトトギスはグロカワだとしたら、
こちらは正統派の可愛い花です♪

白花も、紫花種といっしょで、これから大量に
コボレ種子で増えるのでしょうか^^;
増えるのは嬉しいけど、増えすぎるのも困るんですよね・・・

再来年あたりからは ひたすら抜いてるかも^^;

・.☆.・ Special thanks to ムクちゃん、スモさん ・.☆.・

 スモさんがちょうどホトトギスの記事を書いていらっしゃいました。
2014.10.05 花付きがよすぎるホトトギス・・・・・

   

テーマ : ガーデニング ジャンル : 趣味・実用

tag : ホトトギス

プロフィール

ばぐ

Author:ばぐ
 
ユーフォルビア、ヒューケラ、原種シクラメンなど葉も楽しめる多年草を中心に、ローメンテナンスなガーデンを目指しています。植物選択の基本は「地植え」出来ること。雑草も虫たちもできるだけ共生できたらいいなと思っています。

カテゴリ
タグ
最近の記事+コメント
検索フォーム
LINK
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

お願い
当ブログ内の写真・画像・文章につき 許可なしでの引用・複製を禁じます。 Copyright © BUG's GARDEN All Rights Reserved.
thanks for comming  2013.1~
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


Enjoy your life.
RSSリンクの表示